関水渚が『元彼の遺言状』出演決定!綾瀬はるか×大泉洋との共演に「懸命に食らいついていきたい」

ドラマ
2022年03月10日

4月放送スタートの綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)に、森川紗英役で関水渚の出演が決定。さらに、本人よりコメントが到着した。

宝島社主催の2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説をドラマ化した本作。主人公・剣持麗子の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品だ。

ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解なミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

既報のとおり、主人公・麗子役に綾瀬はるか、謎の依頼人・篠田敬太郎役に大泉洋と、ビッグスターの共演が楽しみな本作だが、この度、新たなメインキャストとして関水渚の出演が決定。関水は亡き栄治の従姉妹で、幼少期からずっと栄治に思いを寄せていた森川紗英役を演じる。

紗英は、自分の感情に正直な性格で、思ったことはどんどん口に出し行動に移すタイプ。栄治の元カノである麗子に対しても、嫉妬心から容赦なく食ってかかる、負けん気が強い役どころだ。今後、栄治の死をめぐるミステリーにどう関わっていくのか。

関水は2019年に映画「町田くんの世界」で女優デビューして以来、数々の話題作にメインキャストとして出演。今後ますますの活躍が期待される中、本作でフジテレビ連続ドラマ初出演を果たす。

発表にあたり、関水は「私は、月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』に出演されていた石原さとみさんに憧れて芸能界に入りました。私も月9ドラマで多くの方に夢を与えられるようにお芝居をしていきたいです」と喜びのコメントを。

綾瀬、大泉との共演については「トークもお芝居も本当に魅力的で憧れの先輩なので、休憩時間などにいろいろなお話ができる関係になれたらうれしいな、と思っています。お二人とのシーンもたくさんあるので、お芝居の面でも置いていかれないように、懸命に食らいついていきたい」と展望を語る。

そして「撮影は始まったばかりですが、とてもいい雰囲気の現場で、面白い作品になりそうだなと私もワクワクしています。完成したものを視聴者の皆様と一緒に見られる日を楽しみにしています!」と視聴者へのメッセージを寄せた。関水のコメント全文は、次ページに掲載。

森川紗英役・関水渚 コメント

◆台本を読んだ時の感想

ひとりひとりの個性が強く描かれていて、みんな違ってみんな魅力的に感じました。私が演じる森川紗英は、時に乱暴な言動を取るのですが、繊細な心の持ち主でもあります。視聴者の方々に紗英のパーソナリティをきちんと伝えられるように、ただ乱暴に言葉を放っているだけではなく、ひとつひとつの言動の理由をしっかり考え、意識して役作りを頑張っています!

◆月9初出演への意気込み

私は、月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(2012年)に出演されていた石原さとみさんに憧れて芸能界に入りました。私も月9ドラマで多くの方に夢を与えられるようにお芝居をしていきたいです。

◆綾瀬はるか、大泉洋との共演について

トークもお芝居も本当に魅力的で憧れの先輩なので、休憩時間などにいろいろなお話ができる関係になれたらうれしいな、と思っています。お二人とのシーンもたくさんあるので、お芝居の面でも置いていかれないように、懸命に食らいついていきたいと思います。

◆視聴者の方へのメッセージ

撮影は始まったばかりですが、とてもいい雰囲気の現場で、面白い作品になりそうだなと私もワクワクしています。完成したものを視聴者の皆様と一緒に見られる日を楽しみにしています! 『元彼の遺言状』、お楽しみに!

あらすじ

剣持麗子(綾瀬はるか)は国内大手「山田川村・津々井法律事務所」で働く敏腕弁護士。敏腕ではあるものの、手段を選ばない剛腕さが仇となり、クライアントともめてボーナスカットされることに。処遇に憤慨ししばしの間休職することになった剣持のもとに、この上ない一獲千金のチャンスが訪れる。
謎の男・篠田敬太郎(大泉洋)から、大学時代に半年だけ付き合った元彼・森川栄治が永眠したという連絡が入ったのだ。栄治には巨額の遺産があり、さらに、「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残していた。剣持は篠田を“殺人犯”に仕立て上げ、共謀して遺産を山分けする計画を立てるが…。

番組情報

『元彼の遺言状』
フジテレビ系
2022年4月放送スタート
毎週(月)後9・00〜9・54

出演者:綾瀬はるか、大泉 洋、関水 渚 他

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/motokare/

©フジテレビ