『パンドラの果実』ディーン・フジオカがクランクイン「一日ずつしっかり乗り切っていきたい」

ドラマ
2022年03月16日

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』

4月23日(土)にスタートする新土曜ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)で、主演を務めるディーン・フジオカが先日クランクインした。

本作は、中村啓の「SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦」(光文社文庫)を原作に、最愛の妻を亡くした警察官僚が天才科学者とタッグを組み、最先端科学にまつわる事件に挑む物語。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、4月より日本テレビ系土曜ドラマでSeason1を放送。その後、HuluオリジナルのSeason2がHuluで独占配信される。

科学犯罪対策室を創設した小比類巻(ディーン)は、アドバイザーとして天才科学者・最上(岸井ゆきの)を迎え、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当することに。科学犯罪対策室に託されたのは法整備や警察機構の対応が追い付いていない犯罪。これまでの考え方では、ただの“不思議で不可解な事件”と思われていた事件を、科学捜査ではなく、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく。

撮影初日は、ディーン演じる小比類巻が、“最先端科学技術”にまつわる問題を専門に扱うために立ち上げた「科学犯罪対策室」による事件の捜査シーンからスタート。スタッフから「小比類巻祐一役のディーン・フジオカさんです!」と紹介され拍手が起こる中、ディーンは笑顔であいさつし、いよいよ撮影が開始。4月23日(土)の第1話オンエアに向け、順調な滑り出しとなった。

ディーン・フジオカ(小比類巻祐一役)クランクインコメント

クランクインのシーンは、ユースケさん演じる長谷部との出会いのシーン。
軽快な2人の登場シーンが撮れたんじゃないかなと思います。
コッヒー(小比類巻祐一)のまくし立てるような長ぜりふ、ユースケさん演じる長谷部の愛嬌がある人柄、皆さんにも親近感が伝わるんじゃないかなと思うすてきなシーンでした。

ゆきのちゃんとの撮影もありましたが、カメラの回っていないところで、「マススパーリングをやりましょう!」と、「いいバディ」になる前に、ゆきのちゃんの良い左フックが僕の右Bodyに入りました(笑)。

初日の撮影は非常にハードなシーンもありました。
これから長い期間ドラマに向き合うことになりますが、一日ずつしっかり乗り切っていきたいです。
和気あいあいとした現場になるといいなと思っています。

この作品は3人のキャラクターが見どころですってP(プロデューサー)が言っていました(笑)。
僕はこの作品が、皆さんの現実においていつ起こっても不思議ではないような最新科学と『人間ドラマ』が織り交ざった物語だなと思っているので、ぜひ楽しみに1話を見ていただければ。
Season1の地上波だけではなくSeason2もHuluと、シリーズが展開していきますので、たくさんの人に見ていただけるようになればと思います。

番組情報

『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』
Season1
日本テレビ系
2022年4月23日(土)スタート
毎週土曜 後10・00~

Season2
2022年6月スタート
Huluオリジナル 独占配信

©︎日本テレビ

この記事の写真