古川雄輝が小日向文世主演『嫌われ監察官 音無一六』新レギュラーに「うれしさと緊張感でいっぱい」

ドラマ
2022年03月17日
『嫌われ監察官 音無一六』©テレビ東京
©テレビ東京

5月6日(金)より放送される小日向文世主演の金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系)に、新レギュラーキャストとして古川雄輝が出演することが分かった。

本作は、監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い“観察眼“と“ひらめき”で難解な事件に挑む音無一六(小日向文世)の活躍を描く刑事ドラマ。2013年に第1弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て「金曜8時のドラマ」枠で連続ドラマ化される。

新たにレギュラーキャストに加わる古川が演じるのは、警察の中でもトップクラスの役職につく副総監・四堂孝文の息子であり、若くして巡査部長を務める四堂厘太郎。“副総監の息子”という立場で、同僚の刑事たちからは煙たがられながらも“市民に信頼される警察を作る”をモットーに、一六の新たな相棒として難解な事件に挑む。

さらに、厘太郎の実父であり、副総監として警察組織を束ねる四堂孝文役の尾美としのり、捜査権もなく無断で事件捜査まで監察対象にする一六を危険人物だと考え、厳しく監視する刑事部長の七尾政和役の石丸謙二郎がスペシャル放送から続投する。

古川雄輝 コメント

連続ドラマになるに当たってこの組に入れる事をとてもうれしく思います。
大先輩の方々とお芝居を共にできるうれしさと緊張感でいっぱいです。
これから良い作品にできるよう頑張ります。副総監の息子、新キャラクター四堂厘太郎、ぜひご期待ください!

尾美としのり コメント

警視副総監なんて偉い人の役、うれしいような、恥ずかしいような…。
撮影では長ぜりふに負けず、迷惑をかけないように頑張ります。
ドラマでは今回、息子役で古川雄輝さんが活躍します。親子関係も楽しんでください。

石丸謙二郎 コメント

「嫌われ監察官」という、人に説明するのがややこしい題名のドラマがついに、毎週見られることになりました。
いまの世の中、薄っぺらな優しさでは生きていけない厳しさを抱えています。さて、嫌われるのを覚悟で、ドラマを作ってみるのも、ほんとの優しさかもしれません。このドラマで私は、嫌われ者をさらに嫌う役に徹しています。
マイナスにマイナスを掛けると、プラスになるというではありませんか。

番組情報

金曜8時のドラマ『嫌われ監察官 音無一六』
テレビ東京系
2022年5月6日(金)放送スタート
毎週金曜 後8・00~

主演:小日向文世
出演:遠藤憲一、古川雄輝、堀内敬子、石丸謙二郎、尾美としのり、小野武彦、田中美佐子
脚本:戸田山雅司、船橋勧
監督:倉貫健二郎、岡野宏信、副島宏司

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/otonashi/

©テレビ東京

この記事の写真