• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

V6長野博、そびえ立つ“箸タワー”に「ジェンガ?」『水野真紀の魔法のレストラン』7・17放送

『水野真紀の魔法のレストラン』
©MBS

 7月17日(水)放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)は、フリーアナウンサーの川田裕美がゲストで登場し、「南海VS近鉄 因縁の沿線グルメ対決」を送る。

 「駅ナカグルメ対決」でメンバーが訪れたのは、南海なんば駅の2階にある1966年創業の「南海そば」。南海沿線の高石市出身のロザン・菅広文は「芸人になり始めの時は、ほとんどの食事はここです」と告白するが、コンビ仲が良いことで有名な相方の宇治原史規は、菅から一度も聞いたことがなかった話に「ほんまか?」「なんで今まで言えへんかったん?」と疑いをかける。

 一方、泉大津市出身で高校も大学も南海沿線のため「ほとんど南海電車しか乗ってなかった」という川田にとって、南海そばは「一人で入れなくて憧れ」の存在のお店だったと明かし、一同を驚かせる。

 また、300~400膳の割り箸がそびえ立つ名物の“箸タワー”を目の当たりにしたV6・長野博は「ジェンガ?」とツッコんで笑いを誘う。

 奈良県出身で、名古屋に行くときも新幹線ではなく近鉄電車のアーバンライナーを利用すると豪語するほど“近鉄愛”にあふれる笑い飯・哲夫は、菅から「近鉄では無理やな」と挑発されると「(箸タワーに)意味を感じてない」とばっさり切り捨てる。

 そのほか、芸能界きってのグルメ通で知られる長野もプライベートで並んだという、驚異の5時間待ちのとんかつ店や、深夜0時に大行列をなす天ぷら店が登場する「行列店対決」、平野ノラが“バブってる店”をVTRで紹介する「世界遺産グルメ対決」も送る。

『水野真紀の魔法のレストラン』
MBS
7月17日(水)後7・00~

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真