• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

蛍原徹、出川哲朗、宮川大輔らが“隠れ家”宿で本音トーク『10人旅』第4弾 8・3放送

『10人旅』

 土曜プレミアム『10人旅 第4弾~小江戸川越から秩父の“隠れ家”宿を目指す旅!~』(フジテレビ系)が8月3日(土)後9・00から放送される。

 これまで南房総、伊豆、金沢周辺を訪れ、ご当地グルメや魅力あふれる観光スポットを紹介してきた『10人旅』。第4弾となる今回は、東京タワーから出発し、秩父にある人気の“隠れ家”宿を目指す旅を繰り広げる。

 旅人として参加するのは、蛍原徹(雨上がり決死隊)、出川哲朗、カンニング竹山、宮川大輔、後藤輝基(フットボールアワー)、チョコレートプラネットの長田庄平、松尾駿。さらに、夜にはみやぞん(ANZEN漫才)、りんごちゃん、THIS IS 岡下(THIS IS パン)といった話題のメンバーも合流する。

 当日朝、東京タワーの下に集合したのは蛍原、出川、宮川、後藤、長田、松尾の6人。まず向かうのは、江戸時代に城下町として栄え、風情ある街並みが美しい小江戸川越。プライベート旅行なのでもちろんロケ車ではなく運転も自分たちで。宮川が運転する車でガヤガヤ、ザワザワとにぎやかな1時間が過ぎ、川越に到着した一行。

 昼食を予定していた絶品のうなぎ店を目指したいのだが、待ち受けていたのは小江戸の街にズラリと並ぶ名物グルメの数々。バウムクーヘンやショコラ、自家製のだししょうゆを塗った焼おにぎりの上に、たっぷりのかつお節といわし節をまぶした『ねこまんま焼おにぎり』などを次々と堪能してしまう。

 そして、ようやくたどり着いた江戸時代から続くうなぎの名店「いちのや」。以前このお店にお邪魔したことのある出川が「俺のうなぎ屋!」と豪語するほどオススメの老舗店。秘伝のタレをまとった肉厚の極上うなぎに一同からため息が漏れる。

 その後、カンニング竹山が合流し、夏にオススメのアクティビティ、長瀞(ながとろ)ラインくだりを満喫。さらには重力系アクティビティが体験できると話題の「秩父ジオグラビティパーク」で、今年6月にオープンしたばかりの絶叫必至アトラクション『キャニオンスイング』を体験する。座った状態のまま、高さ57メートルから川に向かって落下し、その後前後に大きく揺れるという、バンジージャンプと空中ブランコの要素を併せたもので、その恐怖は想像を絶するレベル。メンバーは、誰がチャレンジするのか、なすりつけ合いを始める。

 夕方、一行は宿泊先となる秩父にある“隠れ家”宿「竹取物語」へ。宿泊するのは離れにある一室で、総床面積はなんと100平方メートル。専用露天風呂も完備されている。7人全員で肩を並べて仲良く入浴した後は、お待ちかねの夕食タイム。地元・秩父で収穫された自然の恵みをふんだんに使用した会席料理に舌鼓を打つ一行。

 その後は、みやぞん、りんごちゃんらが忙しい時間を縫って参加。旅を盛り上げる芸を披露し、メンバーも大興奮する。

 夜が深くなるにつれ、さまざまな本音トークが。スタジオでの番組収録ではよく一緒になるメンバーだが、意外とゆっくりと語り合うことは少ないようで、カメラを忘れ、語りの時間が始まる。

 蛍原と20年以上付き合いがあり、苦楽を共にしてきた宮川からは蛍原の意外な一面が明かされる。それは「蛍原さんが文句や悪口を言っているのを見たことがない」というもの。旅仲間がその真意を聞いていく。番組のラストでは、蛍原が旅を共にしてきた仲間へ思いを伝える。

土曜プレミアム『10人旅 第4弾~小江戸川越から秩父の“隠れ家”宿を目指す旅!~』
フジテレビ系
8月3日(土)後9・00~11・10

<出演者>
◆メンバー
長田庄平(チョコレートプラネット)
カンニング竹山
後藤輝基(フットボールアワー)
出川哲朗
蛍原徹(雨上がり決死隊)
松尾駿(チョコレートプラネット)
宮川大輔
※五十音順

THIS IS 岡下(THIS IS パン)
みやぞん(ANZEN漫才)
りんごちゃん
※五十音順

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真