• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮野真守「声のお芝居の可能性は無限」映画『二ノ国』で見せる繊細な表現の秘密とは…

映画「二ノ国」

 8月23日(金)公開のアニメ映画「二ノ国」で、二ノ国の魔法宰相ヨキを演じた宮野真守が、謎の多いヨキを演じる上での繊細な機微の秘密について語った。

本作は、製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画)×音楽:久石譲 (『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメ超大作。

 高校ではトップクラスの秀才で、車いすで生活している主人公“ユウ”の声を演じるのは山﨑賢人。ユウの親友の高校生“ハル”に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの彼女“コトナ”と「二ノ国」のエスタバニア王国の“アーシャ姫”の2役を永野芽郁が演じる。また、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固める。

 現実の世界(一ノ国)から、命がつながっているもう一人の自分が存在する“二ノ国”へと、偶然にも迷い込んでしまったユウとはる…。幼なじみのコトナと、二ノ国の姫君アーシャの命がつながっていると知ってしまった時、ユウとハルは“命”をめぐる〈究極の選択〉を迫られる。2人が最後に選んだものとは…。

 宮野が演じるヨキは、頭脳明晰でいかなる状況にも動じるとこのない強い心を持つ二ノ国の魔法宰相。エスタバニア王国の長で、アーシャ姫の父でもあるフランダー王の頼れる右腕でもある。宮野が“一癖も二癖もある人物”と語るとおり、どこか陰のある表情が深く印象に残るキャラクターだ。

 そんなミステリアスなヨキを演じる上で宮野は「かなり複雑な役です。感情の出し方一つをとっても、思わず漏れ出てしまったのか、それとも敢えて出したのか。そこまで考えて役を演じました。そういう小さなアプローチの仕方の変化でも『あー、ヨキってそんな人なんだ』というキャラクターの人物形成につながるのです」と語り、繊細な感情の機微にまで神経をとがらせていたことを明かした。

 さらにこの難しい役どころを演じるにあたり、宮野の助けとなったのが本作の製作総指揮/原案・脚本を務めている日野晃博の存在だった。

 宮野は「日野さんに明確なビジョンがあったので、それをしっかり表現したいと思いました。日野さんとの話し合いの中で、『ヨキはこういう人物ですか?』と質問もできましたし、そういうやりとりを現場で直接できたということは大きな助けになりました」と振り返った。

 また、宮野は「怒っているアニメーションの顔があって、それにただ怒る声を合わせるのではなく、その裏に感情を載せることによって、怒っているのに泣いているようにも見せることができるんです。声優としてそういう部分を表現することが楽しいんです。それが自分の役目だとも思っています。声のお芝居の可能性は無限だし、そういう技術を磨いていくことがよりアニメーションを豊かにするんだと思っています」と語った。

「二ノ国」
8月23日(金)全国ロードショー

<ストーリー>
冷静沈着で車いすのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。
しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは――?

<キャスト>
山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁
宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎
山寺宏一/伊武雅刀、ムロツヨシ

<スタッフ>
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主題歌:須田景凪「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える