• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

シンガーソングライター・吉澤嘉代子のルーツに迫る『人と音楽』9・3放送

『人と音楽』

 9月3日(火)放送の音楽ドキュメンタリー『人と音楽』(フジテレビ)は、シンガーソングライター・吉澤嘉代子に密着する。

 サカナクション・山口一郎に「彼女の歌には自分が絶対にたどり着けない“視点”がある。うらやましい」と言わしめた女性シンガーソングライター・吉澤嘉代子。山口も注目する彼女の歌詞には、独特の言い回しや表現が多く散りばめられている。番組ではそんな彼女の歌詞への想いにスポットを当て、密着していく。

 彼女ならではの“視点”はどこから生まれたのか?そのルーツに迫るべく、彼女の生まれ育った埼玉県川口市を訪れ、吉澤の思い出の地を巡る。川口駅前にある中央図書館には、子供の頃に読んでいた短歌、詩集、小説が。どの本を探している時の表情も、まるでおもちゃのショーウィンドウをのぞき込んでいる子供のよう。

 そして吉澤は、お目当ての本を探し出すと突然、内容を事細かく熱く語りだす。普段物静かな彼女とのギャップに、スタッフも驚きを隠せない。

「小さい頃はこの建物を見ながらよく“妄想”していました」
昨年、国の重要文化財に指定された「旧田中家住宅」は、彼女の楽曲制作の原点ともなった場所。彼女の制作方法は独特で、楽曲の登場人物に名前やキャラ設定などを細かく決めていき、そこから生まれる物語を曲に落とし込んでいく、いわゆる“妄想”。この頃から吉澤の制作方法は確立されていたと思われる。

 彼女の思い出の地を巡る密着の最後に訪れたのは、日も落ち、空も薄暗くなってきた19時前の川口駅東口デッキ。学生の頃、毎週金曜のこの時間、この場所で行っていた路上ライブを振り返る。

「川口駅前で路上ライブをするのは約10年ぶり…」と緊張した面持ちで語る吉澤だったが、ギターを持ち、マイクスタンドの前に立つと、凜とした表情でゆっくりと歌い始める。そして久々の路上ライブを終えて「吉澤嘉代子にとって音楽とは?」という問いに対して、彼女が出した答えとは…。

<吉澤嘉代子 プロフィール>
1990年埼玉県川口市生まれ。
2010年11月に行われたYAMAHA主催「“The 4th Music Revolution”JAPAN FINAL」でグランプリとオーディエンス賞をダブル受賞。
2014年ミニアルバム『変身少女』でメジャーデビュー。
2016年にアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』にてサンボマスター、岡崎体育、私立恵比寿中学などのアーティストとのコラボで話題に。
今年は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」にも出演。
11月の5周年ライブを地元川口のホールで開催予定。
チケットは即完と今、勢いにのる個性派女性シンガーソングライター。

『人と音楽』
フジテレビ ※関東ローカル
9月3日(火)深1時55分~2時25分
※不定期放送

<出演>
吉澤嘉代子

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/hito-to-ongaku/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える