• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

真矢ミキが樹木希林の娘・内田也哉子と対談『ビビット』8・30放送

『ビビット』

 8月30日(金)放送の『ビビット』(TBS系)で、昨年9月に亡くなった女優・樹木希林さんの一人娘でエッセイストの内田也哉子さんと真矢ミキのスペシャル対談を送る。

 今月、也哉子さんは樹木との共著という形で一冊の本を出版。タイトルは「9月1日 母からのバトン」。毎年この日に、学校を苦にして自ら命を絶ってしまう多くの若者たちをテーマにした内容だ。

 「死なないで、死なないで……。今日は、大勢の子供が自殺してしまう日なの」
昨年9月。也哉子さんは樹木さんが病室の窓の外に向かって、言葉を詰まらせながらそうつぶいているのを見たという。

 対談は、この著書について以外にも、多様な話題に。樹木さんを追う形で、父・内田裕也さんも今年3月に他界。両親を相次いで亡くした也哉子さんの今の想いに迫る。また、家族で過ごした最期の時間についても語る。也哉子さんは、樹木さんの「動物的な勘」が働くことで生まれたという“奇跡的な秘話”も明かす。

 さらに、あまりにも強烈な両親に育てられ苦悩した過去も。「学生の頃、周囲と同じように女の子が好きそうなキャラクターの文房具が欲しいとせがんでも、シンプルな文房具しか買ってもらえなかった」と樹木さんとのエピソードを披露。人と同じであることに価値を見いださない樹木さんの考えに、途方に暮れることもあったと語る。

 そして、也哉子さん自身が4人の識者との対談を通じて探った、不登校、そして9月1日の自殺の問題。対談から何が見えたのか?

 也哉子さんは「心の闇って一回入ると延々とブラックホールのように出られないと思ってしまうが、期間は違えど、ある瞬間底をつく。そこから、自分の力で上がって来られる」という。学校に通っている人だけではなく、今、思い悩んでいる全ての人に見てほしい、“気づき”に富んだ対談になっている。

『ビビット』
TBS系
8月30日(水)前8・00~

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真