• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島翔哉、FCポルト移籍までの8か月に密着!『情熱大陸』9・1放送

『情熱大陸』
©MBS

 9月1日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、サッカー日本代表の10番を背負う中島翔哉に密着する。

 サッカー選手としては小柄な164センチの中島。パスを受ければ前を向き、自らドリブルで相手を突破、最後はたとえ強引でもシュートで終わる。それは、違いの作れるアタッカーである一方、時にワンマンプレーと捉えられることもある。

「昔は今よりもっと自己中でしたよ…」と語る中島だが、個を全面的に出すプレーは、これまで協調性やチームワークに偏重しがちでだった日本代表に変化を生んだ。

 今年3月の日本vsボリビア戦。攻撃の糸口をつかめず試合はこう着していた。しかし、後半16分。中島が途中出場すると、試合の流れは一変。中島は果敢にドリブルで駆け上がり、チャンスメイク。後半31分、堂安律、南野拓実と中島の見事な連携から、最後はペナルティエリアに切り込んだ中島が、DFの股抜きゴールを決め、1-0で日本代表は勝利した。

 そんな中島の快進撃は、2年前から始まった。2017年に、中島はFC東京からポルトガル1部リーグのポルティモネンセに移籍すると、初年度から10ゴール、13アシスト。ヨーロッパのクラブから注目が集まり、中島の評価は一気に上がった。

 そんな中、今年2月。カタールの強豪アル・ドゥハイルに電撃移籍。移籍金はまさかの約44億円。これは、日本人はもとより、アジア人として史上最高額を記録した。

 番組では、日本のメディアでもほとんど取り上げられることのなかったカタールでの様子から、わずか5か月後の今年7月にヨーロッパ屈指のビッグクラブFCポルト(ポルトガル)に背番号10番として移籍するまでの8か月を追った。

 日本人にあまりなじみがなく、世界的に見ても決してレベルが高いとは言えないカタールリーグへの移籍。世間からは遠回りと思われた決断に隠された思いに迫る。

<中島翔哉 プロフィール>
1994年8月23日生まれ。東京八王子市の出身。日本代表背番号「10」
身長164センチプロサッカー選手としては小柄である。
小学1年の時、格闘技を習うかサッカーを習うか迷った末、地元のサッカークラブに通い始めた。中学の時、ブラジルへサッカー留学すると、日本に帰りたくないと母親に懇願するほど、海外でサッカーにのめりこんだ。
18歳で東京Vとプロ契約を交わし、18歳59日、当時のJリーグハットトリック最年少記録を更新。
2016年リオデジャネイロオリンピックでは10番を背負いチームの中心選手として活躍した。
2017年、念願の海外クラブへ。プリメイラ・リーグ(ポルトガル1部)のポルティモネンセに移籍。今年2月には、アジア人史上最高の移籍金約44億円で、カタールのアル・ドゥハイルに移籍。さらに7月、ポルトガルのビッグクラブFCポルトへ完全移籍。
ここでも背番号10を託された。
森保一監督からの信頼も厚く、いまや日本代表には欠かせない存在。
ポジションはミッドフィールダー、フォワード。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真