• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

真魚が波瑠のいとこ役で出演!「ステキなお話になること間違いなし」『G線上のあなたと私』

『G線上のあなたと私』

 10月スタートの波瑠主演の火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)に、真魚が出演することが決定した。

 原作は、恋愛漫画の名手・いくえみ綾が「ココハナ」で連載していた「G線上のあなたと私」(集英社マーガレットコミックス刊・全4巻)。主人公・小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う。そんな日にたまたま聞いた「G線上のアリア」の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのようにひと筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族など、さまざまな問題を抱える人たちが集まっていた。そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語だ。

 也映子がたまたま興味を持ち通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人役には中川大志。そして、もうひとりのバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵を松下由樹が演じる。そのほか、也映子らが通うバイオリン教室の講師・久住眞於役に桜井ユキ、眞於の元婚約者で、理人の兄・加瀬侑人を鈴木伸之、侑人の妻で妊婦の加瀬芙美役を滝沢カレンが演じる。

 そしてこのたび、也映子のいとこ・渡辺晴香役で真魚の出演が決定した。「カメラを止めるな!」(2018年)で主人公の娘役を好演して一躍注目を集めた真魚。見るものを惹きつける存在感とエネルギッシュな魅力あふれる真魚が、新たなスパイスとなり『G線上のあなたと私』を盛り上げる。

 真魚が演じる晴香は、也映子の良き相談相手であり、親友のような存在。婚約破棄され、バイオリン教室に通い出した也映子に厳しくも温かい言葉をかけて応援するという役どころだ。也映子とは対照的に、新婚ホヤホヤで幸せ真っ只中。時に辛口な晴香と也映子の会話劇に注目だ。

■真魚/渡辺晴香役
<キャラクター>
也映子のいとこで美容師。最近、美容師の夫と結婚したばかりで幸せ真っ只中。幼い頃から也映子と仲良しで、双子のように育ってきたが、性格は正反対。天真爛漫でバリバリと物事をこなしていくタイプ。座右の銘は「幸せは自らつかみ取る!」。也映子のよき理解者であるが、時に厳しいことも言う関係。

<コメント>
今回演じる晴香は、波瑠さんが演じる也映子のいとこで、物おじせずに何でも言うような明るい女性。相手のことを思うと、ついついいろいろと言ってしまうところは、自分にも通じる部分があるかなと思っています。
婚約破棄された也映子とは対照的に、結婚して幸せ真っ只中の晴香は也映子の良き相談相手でもあるので、今から波瑠さんとの会話の掛け合いのシーンが楽しみです。その瞬間に生まれるものを大切にしながら、晴香を演じたいと思っています。
登場人物それぞれにさまざまなバックボーンがあり、人間味が深いドラマになると思いますし、物語が進むにつれ、それぞれの糸が重なりあったステキなお話になること間違いなしだと思いますので、ぜひお楽しみに!

火曜ドラマ『G線上のあなたと私』
TBS系
10月スタート
毎週火曜 後10・00~10・57

<あらすじ>
「ごめん、今になって」「好きな子がいる」と、小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。泣きながら放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。
教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川大志)と主婦の北河幸恵(松下由樹)。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を取り巻く人間模様と、それぞれの想いが交錯していく。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える