• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤健、5G体験に「これまでにない新しい体験」

佐藤健

 NTTドコモの5Gプレサービス発表会「5G OPEN DAY」が開催され、佐藤健が出席した。

 佐藤は、事前にセンサーとカメラを備え、実世界を認識するウェアラブルな空間コンピュータで、現実世界の中に仮想世界が同居する体験を楽しむことができるデバイス「Magic Leap One」を体験。佐藤は感想として「短い時間でしたが、とても楽しませていただきました。バーチャルの世界に自分が入ったというよりは、自分のいる現実世界に新しい何かが入ってきたという感覚で、これまでにない新しい体験でした」とワクワクした様子で語った。

 ラグビーワールドカップ2019™日本大会に先がけ、マルチアングルでのスポーツ観戦を体験「自分が見たいものをサクサク見られる」
 
 さらに佐藤は、5Gの特性を生かしたスポーツの新しい楽しみ方を体験。スタジアムに配置したいくつものカメラによる映像を、自分で自由に切り替えて観戦できるマルチアングル観戦で、7月に実施されたラグビー「日本対フィジー」のプレマッチを観戦した。

 佐藤は「画面の切り替えもスムーズで使いやすく、リアルタイムにいろんな情報を見ることができるのは本当にすごいです。自分はスポーツ観戦でプレーそのものだけでなく、その瞬間の監督や敵チームの表情や様子にも興味があるので、自分が見たいものを見ることができるのはとてもうれしいです。貴重な体験をさせていただきました」と感想を語った。

 また、佐藤が出演したCM「Style’20 RWC篇」が上映されると、「まるで実際の試合に自分がいるかのように見せる、今まで聞いたことがない新しい演出でした。ランニングマシーンで走りながら撮影するなど苦労した部分もあったのですが、初めての試みばかりで大変やりがいのある撮影でした」と撮影秘話を明かした。

 最後に、佐藤は「今回いろいろな体験をさせていただき“5G”というものが僕たちの日常のすぐそこまで近づいてきていることを実感しました。どんどん新しい時代に突入していくのだと思うと、とてもワクワクします。ぜひ、皆さんも『ドコモ5G』を体験していただけるとうれしいですね」とアピールした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える