• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉永小百合、ももクロとの撮影は「前日からずっと緊張」

映画「最高の人生の見つけ方」舞台あいさつ

 10月11日(金)公開の映画「最高の人生の見つけ方」の地方キャンペーンの一環として山形県山形市で舞台あいさつが行われ、吉永小百合、天海祐希、ももいろクローバーZの玉井詩織&佐々木彩夏が登壇した。

 吉永は「皆様のとても温かい拍手を聞いて、うれしい気持ちで一杯です!映画いかがでしたか?」と呼びかけると、会場の1500名のファンから割れんばかりの拍手が送られた。それを聞いた天海は「皆さんお元気ですね(笑)。映画を楽しんでいただけたようで良かったです!」と喜んだ。

 さらに、サプライズでももいろクローバーZの玉井と佐々木の登壇がアナウンスされると、会場からは大歓声が上がった。玉井は「“今日はお2人だけではないんです”とアナウンスされた時、ムロさんだと思われた方もいらっしゃったと思うんですが(笑)温かく迎えていただけてうれしいです!」と語った。

 吉永との18年ぶりの共演について、天海は「18年ぶりという感じがせず、自分の内容の成長していなさかげんを再認識したとともに、吉永さんのお変わりなさを再認識致しました(笑)。前回ご一緒させていただいた時はすれ違う程度のご一緒かげんだったんですが、今回はご覧になったとおりです!観ましたか!あの小百合さんに私が暴言を吐くんですよ(笑)。あそこのシーンは緊張しましたけども、私がガツンといかないとマ子さんや幸枝さんの葛藤が描けないと思って、腹をくくっていきました!」と吉永との共演を振り返った。

 ムロツヨシ、満島ひかりら豪華なメンバーとの共演について、吉永は「和気あいあいとやらせていただきましたけども、ももいろクローバーZさんとの撮影では、私たちがトチったら大変な事になると思って、前日からずっと緊張しておりました。ももクロの皆さんにリハーサルも付き合っていただきまして、とても感謝しております」とライブシーンの撮影を振り返った。

 このシーンについて、玉井は「実はあのライブシーンは今年の2月に実際に行われた私たちのライブで撮影されたものなんです。なので撮影の前後は普通にライブをしていて、途中でファンの方々に今から映画の撮影をしますと伝えて、吉永さんと天海さんにステージに上がってもらったんです」と撮影の裏側を明かした。

 佐々木は「お2人に私たちの曲を覚えて、踊って、口ずさんでいただいて、私たちはもちろん、私たちのファンの皆さんも本当に喜んでいました」と笑顔で語った。

 映画にちなんで“山形でやってみたいこと”について聞かれた天海は「今回初めて山形を訪れたんですけども、子供の頃、父親が尺八をやっておりまして、花笠音頭をよく歌っていたんですね。なので次は花笠音頭を踊りに来たいです!」と語り、花笠音頭を生唄で披露。

 玉井は「普通の答えなんですけど、劇中でお2人が巨大パフェを食べられていたので、さくらんぼをお腹いっぱい食べたいです!」、佐々木は「私も米沢牛をお腹いっぱい食べたいです!」と。

 吉永は「40年前、月山でスキーをしたんですが、その時山のてっぺんで転んで眼鏡が割れちゃったんです。なので雪原が見えなくて(笑)。なのでもうちょっと腕を磨いて、もう一度月山でスキーをしたいと思います!」と語った。

 最後に吉永は「今日はももいろクローバーZのお2人にも来ていただいて、とてもうれしかったです。この映画はももクロちゃんたちの歌と踊りもあって、ご覧になると元気になる作品になっていると思います。人生には大変なこともいっぱいありますが、前を向いてこれからも進んでいきましょう!」と会場に呼びかけた。

『最高の人生の見つけ方』
10月11日(金)全国ロードショー

出演:吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、満島ひかり、賀来賢人、鈴木梨央、駒木根隆介 /ももいろクローバーZ/前川清

監督:犬童一心

アダプテーション脚本:浅野妙子、小岩井宏悦、犬童一心
音楽:上野耕路

原案:「最高の人生の見つけ方」ジャスティン・ザッカム著
製作:「最高の人生の見つけ方」製作委員会

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:http://saikonojinsei.com

©2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える