• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中澤佑二、春日俊彰がギネス世界記録達成!『おもスゴ世界一!』10・1放送

『おもスゴ世界一!』

 10月1日(火)に『おもしろいけど超スゴイ!衝撃技が続々登場「おもスゴ世界一!」~あの有名人も世界記録に挑戦しちゃいましたSP~』(テレビ東京系)が放送される。

 世界には、我々が知らない『アッと驚くすごい記録』『思わず笑ってしまう面白い記録』など、“世界一”の肩書を持つ人が数多く存在する。番組では「○○を素手で割る」「人のお腹で○○を切る」「○○で瓶のフタを開ける」といった、一見面白おかしく見えるけど、実はとてつもなくスゴい“おもスゴ”な世界記録の数々を紹介する。

 さらに、そんな“おもスゴ”な人に会いに世界へ行き「なぜその記録に挑戦したのか?」など、真剣に挑戦する人々の知られざる秘話や努力を紹介する。

 そして、福澤朗、中澤佑二、春日俊彰(オードリー)、丸山桂里奈がそれぞれの特技を生かして“おもスゴ”な記録に挑む。

 春日は「水中ベンチプレスの最多連続回数」のギネス世界記録™に挑戦。50キロのバーベルを水中で息を止めたまま上げ下げするというもので、「腕を伸ばしきる」「胸元5センチ以内まで下げる」といった、いくつかの厳格なルールがあり、公式認定員立ち合いの下、3回以内の挑戦で達成しなければならない。

 1回目の挑戦では、腕を伸ばしきれずぐらついてしまい失敗するも、2回目の挑戦ではこれまでの記録を3回更新する43回を達成し、ギネス世界記録に認定された。

 春日は「潜水の経験が生きたと思います。10年以上前ですが、当時は5分ぐらい息を止めていられたので。息止めのコツとしては、何も力を入れずに何も考えない。考えると脳が酸素を使ってしまうので。何も考えずに、とにかくバーベルを上げ下げしました」と語った。

 元サッカー日本代表の中澤は「サッカーボールをターゲットにヘディングして入れた最長距離」のギネス世界記録に挑戦。投げられたサッカーボールをヘディングで、定められた規格のターゲット(ボックス)に入れるというもので、ヘディング位置からターゲットまでの距離が記録となる。

 今回使用するターゲットは、高さ1メートル10センチ、横幅50センチ、奥行き70センチ。「使用するボールはFIFA公認5号球」「ヘディング時にラインを踏んだり越えたりしてはならない」といった、いくつかの厳格なルールがあり、公式認定員立ち合いの下、3回以内の挑戦で達成しなければならない。

 挑戦では、ターゲットに当たるも3回以内では達成できず。しかし中澤は「記録には残らないけど、記憶には残る!」と、居残りで挑戦を続行。繰り返すうちに、なんとか成功。この成功を受けて、後日、番組スタッフが映像データを含む必要な証拠物をそろえて再度申請したところ、これまでの距離を10センチ更新する15メートル10センチで見事、ギネス世界記録に認定された。

 挑戦を終え、中澤は「最初は余裕だと思ったけど、練習の段階でかなり難しいチャレンジになると思いました」と語り、「(居残りチャレンジは)首も痛かったので、どこかでやめなきゃいけないと思っていましたが、最後までやり切ってよかったです。最高にうれしいし、自分の記録を自分で更新したくなりました!」と喜びを語った。

 数々の世界記録を見守った澤部佑は「(オードリー春日は)さすがですね。期待はしていなかったんですけれども、やっぱり能力だけはね。能力はスゴイですから。人間的には大した人ではないんですけれども」と笑いつつも、「世界にはいろいろな記録がありますが、中にはちょっとバカバカしいというか、『面白い』けど『スゴイ』という記録がたくさんあって。世界にロケに行って、実際にいろいろな記録を見せていただきながら、さらに有名人が記録に挑戦するという。その記録がどうなるか、ぜひご覧いただきたいです」と見どころを語った。

<春日俊彰 コメント全文>
経験があることではないですし、事前の練習も特にしていないし、楽しみでした。潜水の経験は生きたと思いますね。10年以上前ですけど、当時は5分ぐらい息を止めていられたので。息止めのコツとしては、何も力を入れずに何も考えない。考えると脳が酸素を使ってしまうので。何も考えずに、とにかくバーベルを上げ下げしました。
ただ、思ったよりも(スタッフの)人数が多かったので、半分ぐらい帰ってほしかったですね。スタッフさんからの「頼むよ」っていう空気がイヤなので(笑)。チャレンジ系は、ダメだったときスベるっていうよりも、本気でガッカリされてしまうので、何としても達成しなければってのはありました。テレビ番組なので成功したほうがいいじゃないですか。みんな暇じゃないでしょうし、お金もかかっていますし(笑)。

<中澤佑二 コメント全文>
最初は余裕だと思ったけど、練習の段階でかなり難しいチャレンジになると思いました。
(居残りチャレンジは)首も痛かったので、どこかでやめなきゃいけないと思っていましたが、最後までやりきってよかったです。現役の頃からヘディングを武器にしていたので、それか゛今回の記録更新につながったと思います。最高にうれしいし、自分の記録を自分で更新したくなりました!

『おもしろいけど超スゴイ!衝撃技が続々登場
おもスゴ世界一!~あの有名人も世界記録に挑戦しちゃいましたSP~』
テレビ東京系
10月1日(火)後6・55~8・54

MC:原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
出演:澤部佑(ハライチ)
挑戦者:福澤朗、中澤佑二、春日俊彰(オードリー)、丸山桂里奈

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える