• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宇宙Six江田剛、初座長ぶり絶賛され大照れ「暑い暑い」『ザ・フォーリナー』稽古場取材

「ザ・フォーリナー」稽古場取材

 江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)が単独初主演を務めるSHY BOYプロデュース「ザ・フォーリナー」の稽古場公開取材が行われ、江田をはじめ、高田翔(ジャニーズJr.)、徳山秀典、小島梨里杏、武藤晃子、我善導、清水順二(30-DELUX)の出演者と、演出の野坂実が登壇した。

 世界で愛され続ける海外戯曲を舞台上演し、大盛況ののちに幕を閉じた「キャッシュ・オン・デリバリー」シリーズ。その第2弾公演となる今回は、ラリー・シューの「ザ・フォーリナー」を上演する。

 公開されたのは、1幕部分の冒頭の稽古。キャストがそろって通しで行う稽古は、この日が2日目。稽古中には、演出の野坂が江田らに指示を出し、細かく修正するひと幕も。江田もその指示をくみ取り、表情やせりふ回しを修正していた。

 その後行われた囲み取材では、今回初めて主演を務める江田が「宇宙Sixを背負って、初めて主演をはるということで、すごく楽しみでもあり、挑戦でもあり、それがまた今後つながっていけばなって思っています」と意気込みを。

 これまでさまざまな舞台で共演してきた出演者が周りにいることから「頼もしい先輩方も一緒ですし、後輩も一緒ですし、頼れる人がいっぱいで、すごく楽しく毎日稽古させてもらっています。舞台も本当に楽しいですし、コメディ作品にも初めて挑戦するんですけど、本当にずっと笑ってる。人のお芝居を見ながらでも、ずっとニコニコできる。飽きがなく、1日が終わるのが本当に早い。海外戯曲というのも初めてですし、1人ひとりのせりふ量とかもすごいので、それがうまく笑いとして伝わればなと思います」と語った。

 見どころを聞かれた高田は、「僕の見どころは2幕の最後あたりですね。最後の最後だから言えないんですけど(笑)」と困り顔。すると清水が「ハニーとか、ハイ!がいい慣れていて、そういううさんくさい芝居がうまい」と。さらに江田から「ダメ出しで軽薄って言われてたね」と話を振られた高田は「軽薄だってダメ出しがあって。でも、僕、軽薄の意味が分からなくて調べようと思ったら、清水さんに『高田君みたいな人だよ』って言われて。調べたら、清水さんひどいって思った。でも、その芝居に対するダメ出しは納得できる部分があったので、なるほどなって思いました」と語った。

 また、「ハニーとか言い慣れているんですか?」という質問に高田は「皆さんに海外のドラマとかの吹き替えを見るといいよってアドバイスを頂いて。その中で、自分の中で勝手に言い慣れてる感はあります(笑)」と。江田が「本当に翔は勉強熱心で、稽古が終わってからの自由時間も(小島と)2人で話し合ってね」と話すと、小島が「婚約者の役だったので、どうやって出会ったのかとか、本編では描かれていない背景を2人で想像して作り上げました」と裏話を明かした。

 演出の野坂は「今回、豊かだなって思うのが、舞台稽古って1か月から1か月半くらいで作っていくんですけど、最初の稽古が2か月前から始まっている。それぞれが2か月以上かけて、それぞれが役と向き合う時間があった。このメンバーは、それぞれが話し合ったり、自主的に稽古してくれたりしながら、役を深めていってくれているから、ものすごく頼もしいメンバーだなって思っています」と。

 江田演じるチャーリーの友人・フロギー役を務める徳山は「僕は全然仕上がってない。江田君がせりふ覚えの変態なんで(笑)。すぐ覚えてきたんで、僕にプレッシャーをかけまくるんですよ。“せりふ変態”!」と明かすと、江田は「見出しに入っちゃうじゃないですか!」と。すると清水が「演出が去年やった『キャッシュ・オン・デリバリー』っていう作品で、Snow Manの深澤(辰哉)と佐久間(大介)が稽古初日でせりふを覚えてきたから、『当然、江田君も覚えてくるよね』ってプレッシャーをかけてたら、覚えてきたんですよ」と江田の努力を明かした。

 今回、江田と高田は初共演。清水の「仲が悪かったんだよね?(笑)」というジョークを受けて、高田は「仲が悪かったというか、ほぼ初めましてに近い」と説明。江田も「一緒の事務所だけど、一緒にお仕事をする機会があまりなく、誰か先輩の舞台に出ていてもいたんだくらいの感じ」と明かした。

 高田は「役自体でも絡むのはこれからだったりするので、これからの稽古でコミュニケーションを先輩後輩としてもですけど、デビットとチャーリーとしてもコミュニケーションをとれたらいいなって思います」と語った。

 また、野坂が「江田君が今回初座長なんですけど、役者全員のことをものすごく考えてくれていて。お昼ご飯とかピザの差し入れをくれたりとか、集団を作ろうとしてくれていて、ものすごく助かってます。初座長っていうわりには、みんなが江田君が座長なんだって信頼し切ってるんで、ものすごく安心し切って見ております」と明かすと、江田は「暑い暑い」と照れた様子を見せた。

 最後に江田は「この作品を観に来てくれた方はもちろん、キャスト、スタッフさんはもちろん、すべての人が笑顔になれる温かい作品になるなって思っています。ちょっとした幸せとか、温かさがみんなに伝わればいいなって思っています」と締めくくった。

 SHY BOYプロデュース「ザ・フォーリナー」は、10月16日(水)から23日(水)まで東京・三越劇場で上演。11月9日(土)、10日(日)に、愛知・東海市芸術劇場、11月20日(水)から24日(日)まで大阪・近鉄アート館で上演される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える