• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松岡昌宏「自分が演じなくても一視聴者としても見たい」『死役所』10・16スタート

『死役所』

 10月16日(水)スタートの『ドラマホリック!「死役所」』(テレビ東京系)の記者会見が行われ、松岡昌宏、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんが登壇した。

 本作は、あずみきしの同名漫画を映像化。この世を去った者たちが最初に訪れるあの世の市役所ならぬ死役所に訪れる人や職員を通して、生や死について描く。

『死役所』

 主人公・シ村を演じる松岡は「原作を拝見した、これをどうテレビで表現できるのかなという不安と同時に、これを再現(実写化)するのであれば、僕は一視聴者でも見たいと思わせる題材だと思い、ぜひ参加させていただきたいということでオファーを受けました」と。

 また、シ村は松岡がこれまで演じてきた役柄にはない新しい役だといい「新しい引き出しであり、まったくやったことがないからこそ、いろいろと手探りでやりつつ、やったことがないから何をやってもいいだろうということもあり、楽しく演じています」と語った。

『死役所』

 20歳の誕生日に急性アルコール中毒により亡くなり、死役所に来たミチルを演じる黒島。「演じるのがすごく難しかったのですが、一人ひとり死に対する思いとかは実際にお芝居をしていても感じることが多くて。またお芝居する中でも私自身もいろいろ考えさせられる役だったので、すごくいい経験になりました」と。

『死役所』

 死役所の生活事故死課・ハヤシを演じる清原は、周りに原作ファンがいたそうで「いろんな方から『楽しみにしているよ』という言葉を頂いて、それなりにプレッシャーになったりしていたんですが、撮影現場に入ってからはやりやすくて。一生懸命撮影させていただいたので、皆さんに楽しんでいただける作品だと思う」と。

『死役所』

「原作を読んだときにキャラクターが魅力的だなと」と明かすのは、死役所の自殺課・ニシ川を演じる松本。「ビジュアルのイメージも自分からかけ離れていたので、いかに原作に忠実なところまでいけるか、かなり徹底して作りました」と。また「ニシ川は、絶対に笑ってはいけない役なので、なるべく笑顔が出ないように。私自身はゲラで、すぐ笑っちゃうんですが、笑顔の写真を撮られないように気を付けたいです」と徹底するも、つい笑ってしまい後ろを向いてごまかす場面も。これには、松岡が「もう(笑っても)いいんじゃない?」とフォローし、松本が「大丈夫ですかね。でもそれぐらい忠実に頑張っています!」と意気込んだ。

『死役所』

 死役所の他殺課・イシ間を演じるでんでんは「たくさんの方に来ていただいて、このドラマは大ヒットしそうだなと感じました。大ヒットするということは、でんでんの名前が売れて、また仕事が来るんじゃないかなとふつふつと喜びを感じております」と笑顔で語り「イシ間は、一つのドラマの中でこれほど喜怒哀楽が出るのか…というぐらい表現している。役者としては、演じていて楽しいです。作品自体も面白いので、早く見てほしい!」と。

 本作で、シ村が「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で死者を対応することにちなみ、これまで出会った人の中で“仏のようだ”と思ったことを聞かれ、松岡は「この世界で大先輩の方は仏様みたいな人は多いと思う、役者さんとか。…まぁ、うちのジャニー(喜多川)さんは仏様になっちゃったんですが…」と言いつつ、「あと、でんでんさんも撮影で22時をすぎると、ボーっと一点を見つめて、仏様みたいになっちゃう」と明かした。

「松岡さんだと思います」と話すのは松本。「こんなに今までガッチガチにキャラクターを作り上げてきても、すぐに壊れてしまった時に『笑ってもいいんじゃないの?』と言ってくださったときは、仏様だなと。ありがとうございます!」と感謝した。

 出演者だからこそ知る共演者やセットの秘密を聞かれ、松本が「松岡さんは監督だなと思いました。すべてが見えていらっしゃるので、ここで何が欲しいとか、今こうしたほうがいいんじゃないかって、撮影での仕切りがすごくて。なので、撮影がスムーズにいくので、松岡さんが第2の監督だっていうのは…秘密です」と明かすと、松岡は「テキパキやるほうが芝居が滞りなくいくので」と。

 そんな松岡は「でんでんさんは、絵がお上手で僕とかスタッフの似顔絵を描いてくださるんです。でもたまに、絵を描くことに集中しすぎてせりふが出てこないことがある」と話すと、でんでんは「どの現場でも描いているんです。まず絵を描いて、そのあとにせりふを覚える(笑)。まだ描いてもらっていないというスタッフさん、描いてもらいたいスタッフさんがいたらお申し込みください!」と呼びかけた。

 さらに松岡が「清原は飲むと尾崎豊さんを歌います」とポツリ。清原は「普段はロー(テンション)なんですが、歌うときは内に秘めた尾崎が出てきちゃって…」と照れ笑いを見せた。

『死役所』

 また生まれ変わったら何になりたいかという問いに、「でんでん虫」(でんでん)、「ヒューマン。また日本に生まれたいから、ヒューマンインジャパン」(清原)、「ヒューマン」(松本)、「犬になって愛される日々を過ごしたい」(黒島)と、次々発表する中、松岡は「テレビ東京のプロデューサーですかね。社風なのか、会見だったら、もっとピシっとした服を着るはずだけど、結構ラフで…。なんか楽しそうだし、ラフでいいな」って明かし、会場を笑いに包んだ。

 最後に松岡が「自信持って言えます、とても面白いです。キャストの皆さん、スタッフの皆さん一人ひとりがプロフェッショナルな仕事をやった結果、面白い作品になっていますので、ひとりでも多くの方に見ていただきたいです」とメッセージを送った。

ドラマホリック!
『死役所』
テレビ東京系
10月16日(水)スタート
毎週(水)深0・12~0・52

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える