• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『プレバト!!』「消しゴムはんこ」で千原ジュニアが優勝!高視聴率を獲得

『プレバト!!2時間スペシャル』

 10月31日に放送された『プレバト!!2時間スペシャル』(MBS/TBS系)が、関東地区、関西地区の同時間帯1位を獲得した。

『プレバト!!2時間スペシャル』

『プレバト!!』はダウンタウンの浜田雅功がMCを務め、芸能人の隠れた才能を専門家が査定し、ランキングを競う人気バラエティ。

 10月31日は「俳句」「消しゴムはんこ」「いけばな」の3本柱で放送。関東、関西共に毎分最高視聴率を記録したシーンは「消しゴムはんこ」のコーナー。このコーナーでは、名人・特待生だけの初の頂上決戦を実施。参戦した千原ジュニア、馬場典子、くっきー!、田中要次、しずちゃんの5人は、1か月かけてはがきの約93倍もの大きさである障子をキャンバスにした巨大サイズの作品を制作した。

『プレバト!!2時間スペシャル』

 関東では、第2位を獲得した馬場典子が73種類ものはんこを使い制作しているシーンで16.1%(後7・58)、関西は1位を獲得した千原ジュニアの傑作が披露されたシーンで23.3%(後8・23)を記録した。

『プレバト!!2時間スペシャル』

 また、俳句は「昇格査定SP」と題し、特待生が昇格試験に挑む特別企画を実施。名人まであと一歩であった立川志らくが昇格を果たし、念願の名人初段に。また、最近特待生になったばかりの光浦靖子は降格し、特待生の資格はく奪の悲劇もあった。

『プレバト!!2時間スペシャル』

「いけばなの才能査定ランキング」は、自身で花を選んで生ける方法になり、より実践的な査定へとグレードアップ。これまでよりセンスの問われる査定に挑戦した南果歩や西山茉希ら女性ゲストたちが、假屋崎省吾先生の超辛口査定にめった打ちの展開となった。

 そして、この日の放送は、関東地区12.7%、関西地区18.4%の高視聴率で東阪同時間帯1位を獲得した(数字はビデオリサーチ調べ)。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える