• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『しくじり先生』麒麟・川島明が「キン肉マン」の“しくじり”を解説!Abemaビデオで完全版配信

『しくじり先生』

 11月11日(月)放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)は、麒麟・川島明が『キン肉マン』から人生の役に立つ教訓を学ぶ授業を展開。その放送直後に、Abemaビデオで授業の完全版と「お笑い研究部」が配信される。

『しくじり先生』

 川島先生が取り上げる『キン肉マン』は、漫画家ユニット・ゆでたまご(原作担当・嶋田隆司、作画担当・中井義則)によるプロレス系格闘漫画。主人公は“キン肉星”の王子・キン肉マンで、人間を超越した存在である“超人”たちが数多の戦いを経て成長を遂げていくというストーリー。1979年~87年にわたって「週刊少年ジャンプ」で連載されて大ヒット。その人気はすさまじく、1983年にはアニメ化され、キン肉マン消しゴム=“キンケシ”も社会現象を巻き起こした。

 2011年からは、新シリーズの連載がスタート。現在も『週プレNEWS』で連載が続いており、単行本は全68巻刊行。今年は『キン肉マン』誕生40周年にあたる。

 しかし、川島先生によると、この長寿漫画『キン肉マン』はファンの間で“日本漫画史上最高のしくじり作品”と位置付けられており、子供のころには気づかなかったしくじりが満載だという。

『しくじり先生』

 川島先生は「そのしくじりの中にこそ、人生に役に立つ教訓が隠されている」と主張。先生が考える『キン肉マン』の代表的な3つのしくじりとして(1)描き間違いが異常に多い、(2)キャラクターのデザインを平気で変える、(3)設定が破綻している、とそれぞれ例を挙げて解説する。

 名前や見た目が初登場時から明らかに変化しているキャラクターの実例を見て驚く生徒たち。連載の中でいったい何が起きていたのか、衝撃の事実が明らかになる。

『しくじり先生』

 また『キン肉マン』では読者から募集した超人キャラを多数採用しており、中には人気芸人たちが考案したキャラクターも。いったい誰がどんなキャラクターを考えたのか。さらに今回は、生徒たちも新たな超人キャラのアイデアを出すことに。完成したキャラクターは実際に応募する予定で、この授業から新たな超人が誕生する可能性も。

 最後は、川島先生が独自の視点から、作品の根底に潜んでいる作者の思いを分析。そして、ゆでたまごへのインタビューも実施し、今回の授業で明かされる『キン肉マン』のしくじりを、原作者としてどうとらえているのか明らかにする。

 そして地上波放送直後の深0時45分からは、Abemaビデオで川島先生による授業の完全版をオンエア。さらに、オリジナル企画「お笑い研究部」では、前回に続き、新企画『平場でのキャラの活かし方を考える!!』を放送。声優・野沢雅子のモノマネで人気のアイデンティティが挑む“食レポ”シミュレーションの後編を送る。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
テレビ朝日系
毎週月曜 深0時15分~0時45分
※一部地域を除く

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』地上波完全連動企画
Abemaビデオ配信開始日:11月11日(月)深0時45分から

視聴URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/F2kc6vmK6Nz8vj

<出演者>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)
しくじり先生:川島明(麒麟)
生徒:黒潮“イケメン”二郎、澤部 佑(ハライチ)、福岡みなみ、横山由依(AKB48)(※50音順)

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える