• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

伊良部、野茂を支えたカリスマ通訳の激変人生に迫る『爆報THEフライデー』11・15放送

『爆報THEフライデー』

 11月15日(金)放送の『爆報THEフライデー』(TBS系)は、伊良部秀輝投手や野茂英雄投手など大物メジャーリーガーの通訳として華々しく活躍したコウタ氏の激変人生に迫る。

 2003年、300人を超える報道陣の前で行われた、松井秀喜選手のニューヨーク・ヤンキース入団会見。3年で約25億円という契約の裏で活躍したのが、当時40歳だったコウタ氏(石島浩太氏)だった。

 石島氏は父親が通信社の特派員だったため、子供の頃からロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど海外での生活を経験。美大を卒業し、当初はアートディレクターとして活躍していたが、1988年、福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)から通訳・渉外担当としてオファーされ入団。ホークスでは若手選手のアメリカ・マイナーリーグへの派遣、現地でのマネジメントなどを手掛け、その後は埼玉西武ライオンズでも通訳・渉外を担当した。

 そして1997年、ニューヨーク・ヤンキースの環太平洋事業部長に就任し、ヤンキースに入団した伊良部秀輝投手の通訳を務めた。伊良部のほかにも野茂英雄や吉井理人ら多くのメジャーリーガーの通訳として活躍。時には矢面に立ち彼らを支え、カリスマ的存在となっていった。

 そんなカリスマ通訳・石島氏が今、日本に帰国し、激変人生を送っていると知り、番組では取材を依頼。2003年の松井選手の入団会見から16年。石島氏との待ち合わせ場所へ向かうと、現在57歳となった石島氏は、新たに女性としての人生を歩んでいた。

 かつてはアメリカで年収が2000万円以上もあるカリスマ通訳として活躍。アメリカ人の女性と結婚し、3人の子供に恵まれた石島氏。一体、なぜ女性になったのか?そして女性に変わった彼は今、どんな暮らしをしているのか。

 彼が女性になったのには驚きの理由があった。そして女性になることを決断した石島氏にはさまざまな苦難があった。そんな彼の心を救ってくれたのは、元メジャーリーガーのある人物だったという。

 コウタ氏が番組で全てをさらけ出して語った背景には、ある思いがあった。波乱に満ちた経験を経て、新たな人生を踏み出しているコウタ氏の激変人生に迫る。

『爆報THEフライデー』
TBS系
11月15日(金)後7・00~8・00

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真