“ひふみん”加藤一二三が元警視総監役で『警視庁・捜査一課長』に出演 | TV LIFE web

“ひふみん”加藤一二三が元警視総監役で『警視庁・捜査一課長』に出演

エンタメ総合
2020年01月03日
『警視庁・捜査一課長』

 将棋棋士の“ひふみん”こと加藤一二三九段が、1月3日(金)放送の『警視庁・捜査一課長』正月スペシャル(テレビ朝日系)に出演する。

 主演の内藤剛志演じるヒラから成り上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一の活躍を描く人気シリーズ。今作では、元外食チェーン社長の男の遺体が見つかる事件が発生。大岩はかつてその男を誤認逮捕した疑惑の元捜査一課刑事“ジンジャー”こと陣内綾(伊藤歩)を捜査に加えるという、自らの進退をかけた決断を下す。

『警視庁・捜査一課長』

 加藤九段は以前、NHKのトーク番組で「刑事ドラマで捜査一課長のような役を演じてみたい」と発言。それを知った制作側がオファーし、出演が実現した。今作で演じたのは捜査一課長ではないが、大岩にヒントを授ける隣家の元警視総監という重要な役どころ。将棋が趣味で愛猫家、その名も“一二三さん”という加藤九段本人の要素が取り入れられている。

『警視庁・捜査一課長』

 加藤九段は「元警視総監という役柄には驚きましたが、全くの素人ながら、俳優さんたちの演技をしっかり見学し、できるだけ同じような心境で演じたいと考えていました」と気合十分で出演。将棋を指すシーンでは「脚本を読んだら、“パチパチと駒音が聞こえる”というト書きがありましたので、駒音が必要なんだなと思って響かせました」と言い、「実は、今の将棋界で一番高い駒音で指すのが、私。“駒音の高さは日本一”と言われているんです」と自信をのぞかせた。

『警視庁・捜査一課長』

 さらに「ネコちゃんも将棋も登場するし…はっきり言ってとても楽しかったです」と撮影を振り返り、「セリフに心を込めて話しているつもりなので、皆様にそのように受け止めてもらえれば望外の喜びです。私の人生観は、何事も楽しく、面白く、そして深く。将棋も然りですが、このドラマもきめの細かい脚本と演出が展開しますので、楽しいし面白いし深い!ぜひ、皆さん楽しみにご覧いただきたいと思います」とアピールしている。

 同作には元サッカー女子日本代表の澤穂希も出演しており、内藤は「澤さんに続いて加藤さんという“日本のヒーロー”が現場にいらしてくださり、ドラマを大いに盛り上げてくださいました。もう、最高でしたね!」と大感激している。

©テレビ朝日