• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

柄本佑「役者人生の中で記念碑的な作品に」『心の傷を癒すということ』1・18スタート

『心の傷を癒すということ』

 土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』(NHK総合)の試写会が行われ、主演の柄本佑、脚本家の桑原亮子が登壇した。

 本作は、阪神・淡路大震災発生時、被災者の心のケアに奔走した精神科医・安克昌の人生を基にしたヒューマンドラマ。多くの被災者の心に寄り添う壮絶な日々と、彼を懸命に支えた家族との絆を描く。主人公の若手精神科医・安和隆を柄本が演じる。桑原は本作で連続ドラマの脚本を初めて手掛ける。

 柄本は「精神科医をやってみて一番疑問に思ったのが、対面するときにどういう顔をすればいいのかということ。先生に聞いたら、『相手の方の表情に合わせていく』とおっしゃっていたので、僕はそのことを一番肝に銘じてやらせていただきました」と。

 桑原は「安先生が目指していた支え合える社会というのは傷ついた者に優しい社会になること。一人一人が大事にされる社会というのを、今、安先生の物語を通して皆さんにもう一度考えていただけたらいいなと思いながら書きました」と作品への想いを語った。

 桑原の脚本について柄本は「文字の世界なんですけど、すごく立体的にひと言ひと言が腑に落ちてきて、これは桑原さんの本当に血肉みたいなそういうものが出ている本だなと。これは気を引き締めていかなきゃいかんなと思い、僕の役者人生の中でもすごく記念碑的な作品になりました」と語った。

 劇中でジャズピアノに初挑戦したという柄本は「全くの初めてで、練習しましたが、本当に気が狂うかと思いました(笑)。インする2か月前ぐらいから練習していて、泊まっている部屋にもピアノを置いてやらしていただきました。最初に『アイ・ガット・リズム』という曲を練習したんですけど、あれが一番難しかったです」と振り返った。

 演じるにあたり、安先生の遺族から話を聞いたという柄本は「安先生は猫背で声がとっても小さくて非常に穏やかにしゃべられる方だと聞きました。なので声の大きさや猫背は意識してやっていましたね。安さんの包み込むような優しさや大らかさはどうしたら出るのかなと思うのと同時に、安さんってすごい人だなって日々感じながらやらせていただいていました」と明かした。

 土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』は、NHK総合で1月18日(土)後9時からスタート。

土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』(全4回)
NHK総合
1月18日スタート
毎週(土)後9・00~9・49

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える