自分をキムタクだと思い込んでいた?ギャロップが“しくじり授業” | TV LIFE web

自分をキムタクだと思い込んでいた?ギャロップが“しくじり授業”

エンタメ総合
2020年01月17日
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 お笑いコンビ・ギャロップが、1月20日(月)放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)に出演。“相方が自分をキムタクだと勘違いして解散寸前に追い込まれた先生”として、“自分が好きすぎて周りが見えなくならないための授業”を行う。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 ギャロップは、林健と毛利大亮のコンビ。NON STYLE、南海キャンディーズ、ピース、平成ノブシコブシらと同期で、2018年の『M-1グランプリ』では出場ラストイヤーにして決勝に進出した実績を持つ。

 一方で、“よしもと芸人100人が選ぶ、解散しそうなコンビ”の1位という不名誉な称号も与えられ、その背景についてギャロップは「毛利が自分のことを木村拓哉だと思っているから」と分析する。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 毛利は関西一のナルシスト芸人として知られ、なぜかスター気取り。林はそんな毛利にどう対応していいか分からず嫌いになっていき、結果、本業の漫才が下手になって解散を決意するまでにいたったという。

 自分を好きなのはいいことだが、ナルシストすぎると周りが見えなくなり、仕事に支障をきたしてしまうと力説するギャロップ。授業では、自分たちの経験を踏まえて作成したオリジナルの診断テストで“毛利度チェック”を実施。毛利の自意識過剰ぶりや、痛すぎる行動も明らかになる。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

 解散寸前だったが、現在は本気で漫才に向き合っているという2人。その経緯を告白するとともに、自分たちと同じ境遇の人々へ向けて熱いメッセージを送る。

 AbemaTVでは、放送直後の深0時45分からこの授業の“完全版”をオンエアする。

©テレビ朝日