• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武田梨奈主演『ワカコ酒 Season5』4・6スタート!スピンオフ実写化も

『ワカコ酒 Season5』

 武田梨奈主演『ワカコ酒 Season5』がBSテレ東で4月6日(月)よりスタートすることが決定した。

 本作は「酒呑みの舌」を持って生まれたOL・村崎ワカコ(武田梨奈)がさまざまな酒場をさすらい、女ひとり酒を堪能する人気ドラマシリーズ。本作で5作目を迎え、ワカコの行きつけのお店「逢楽」の大将(野添義弘)や、店員・青柳(鎌苅健太)をはじめ、おなじみのメンバーも引き続き登場する。

 今シーズンでは、全12話のうち、ある放送回で原作コミックス「ワカコ酒」のスピンオフ作品として連載中の「大衆酒場ワカオ ワカコの酒別店」を実写化。下戸の料理人・ワカオの店にワカコが来店。食べ、飲む幸せと、作り、食べてもらう幸せ…双方からの視点でつづる新感覚のエピソードとなっている。

 なお、新シリーズの放送を記念して、3月6日(金)に「BSテレ東ドラマ『ワカコ酒5』放送記念イベント『一人飲み部』」の開催が決定。詳しくは、番組HP(https://www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/)をチェック。

<武田梨奈 コメント>
シーズン5まで続いたこと、とてもうれしく思っています!今までのシーズンを通じて、自分の中でも食べ物やお酒に対しての意識が変わり、おいしいものに込められた作り手の気配りやこだわりがどこにあるのかに注目するようになりました。ドラマの撮影もおいしいものを作る工程と似ていて、各スタッフが手を抜かずこだわりをもって撮影しているので、その部分を見てくださる方々に届けられたらと思っています。撮影中、息が合うだけでなく時には意見がぶつかることもありましたが、意見を思い切って言える現場の安心感と、団結の力は今までのシーズンの積み重ねがあってこそだと思うので今回は本当に作品を撮り終えて感無量という感じです。すてきなゲストの方々からも学ぶことがたくさんあって、ちょっと背筋がピンとなりました。自信をもって今までよりももっと良いワカコ酒になっているんじゃないかと思います!

<小林教子プロデューサー コメント>
前作からプロデューサーを担当させていただいていますが、今回は、全店舗のロケに立ち合いました。撮影が食欲の秋だったので、特によく食べたなぁという印象です。フードファイトさながらの食べっぷり。あっぱれです。一口がとても大きくて、見ているこっちが「それ行っちゃう?」ってドキドキしました。そして、ワカコは26歳のままですが、少しお姉さんになったかな。キービジュアルも初めて夜の雰囲気にしてみました。スペシャルなゲストあり、プチトリップありで盛りだくさんの内容となっております。今シーズンもお酒を片手に、大人のワカコをぜひお楽しみください。

<イントロダクション>
今日もしあわせひとり酒。
村崎ワカコ(武田)は酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。ワカコは職場での出来事に思いを巡らせたり、ほかのお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜み――。
そんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。

『ワカコ酒 Season5』
BSテレ東
4月6日(月)スタート
毎週(月)深0・00

原作:新久千映
脚本:阿相クミコ、女里山桃花
監督:久万真路、湯浅弘章、岩渕崇、片桐健滋、若林将平

出演:武田梨奈

©2020「ワカコ酒5」製作委員会
©新久千映/NSP 2011
©猫原ねんず・新久千映/NSP 2019

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える