嵐がデビューの地・ハワイへ!櫻井翔、不思議な縁に「でよね!」 | TV LIFE web

嵐がデビューの地・ハワイへ!櫻井翔、不思議な縁に「でよね!」

エンタメ総合
2020年02月21日
「パズドラ」新CM『ハワイでパズドラ』篇

 嵐が出演する「パズドラ」新CM『ハワイでパズドラ』篇が2月22日(土)からオンエアされる。

 新CMでは、嵐がデビューの地・ハワイへ。5人はダイヤモンドヘッドの夜景を臨むワイキキビーチの海上に浮かぶクルーザーのデッキで「みんなでパズドラやっちゃうよー!」と宣言。船の前方にはプレイ画面が投影された巨大なウォータースクリーンが浮かび上がり、目にもとまらぬ指さばきでドロップを動かしていくトップバッターの二宮和也。「おぉー!」「ニノ指はや!」「すげぇ!」と驚く4人を横目に「ガチだからね」と驚異の10コンボを炸裂させると、全員で「イェーイ!」とハイタッチを交わして盛り上がる。

 近くのビーチから打ち上げられた花火が夜空を彩る中、二宮から「じゃあ次、リーダー」とスマホを渡され「え!?やりづら!」と苦笑いの大野智。二宮の後を託され、プレッシャーを感じる大野の運命は…。

 撮影では、CMの舞台がワイキキビーチということで、ハワイの代名詞でもあるアロハシャツ姿で現場入り。衣装は、白のアンクルパンツ、シューズは全員一緒だが、アロハシャツは今回の撮影のために、パズドラのドロップカラー(赤・青・黄・緑・紫)を基調とした5色の柄が用意され、メンバーカラーと同じ色をモチーフにした衣装で本番に臨んだ。

 撮影は、二宮が巧みな指さばきを駆使するシーンからスタート。ここではトップバッターとして勢いをつけるべく、二宮に“1ターン目で10コンボ”という難度の高いミッションを課された。カメラや大勢のスタッフの視線がその手元に集中し、緊張感が漂う中、1回目、2回目と連続して失敗。3度目は惜しくも9コンボで撃沈し、思わず「クソーッ」と頭を抱えてしゃがみ込む二宮。「おかしいなぁ」と首をかしげ「俺の中では10コンボだったんですけどね」と悔しさをあらわにする。

 それでも「俺のせいで、みんなの撮影が押すなんて考えられない! 頑張ります!」と自らを鼓舞すると、4回目の挑戦で見事にクリア。「まさかこんなに早く成功すると思わなかった」と驚く監督に「いやー、怖かった」「ここ最近やった仕事で一番緊張したかも」と安堵の表情を浮かべた二宮は、周囲の歓声と拍手に応えた。

 パズドラのプレイ画面が、半円形のウォータースクリーンに投影される迫力満点のシーンの撮影では、メンバーはもちろん、スタッフも一緒にプレイしているかのような臨場感を味わいながら、二宮のドロップ操作に一喜一憂。日本のドーム公演史上、初めてコンサートの演出にウォータースクリーンを採用したのが、嵐のライブツアー「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」(2012年11月~2013年1月)。パズドラが誕生した2012年と同じ年にお披露目され、大きな話題を呼んだ画期的な演出ということで「その巡り合わせはちょっと面白いよね」という櫻井翔の言葉に4人も同意し、感慨深そうに当時を振り返った。

 5人そろってパズドラをするのは初めてという嵐。「そうそう、こっちこっち」「いい感じ!」「これはイケるんじゃない?」などと無邪気にゲームを楽しみながらも、嵐らしい連帯感とチームワークを発揮し、現場を盛り上げた。

 順番に操作しながら敵にダメージを与え、勝利を目指す一連のストーリーは、今回のCMでは二宮から大野にバトンタッチするところまで。後日放送予定の30秒版では、相葉雅紀、櫻井、松本潤それぞれのプレイシーンもあることから、二宮の指さばきを間近でじっくり観察していた4人。時には二宮からアドバイスを受けて、自身が担当するシーンのイメージを膨らませた。

 全カットを撮り終えた後、年始に行われるパズドラのCM撮影では恒例となった、櫻井の誕生日をメンバーとスタッフ一同でお祝いするサプライズも。花束を抱えた櫻井は「おめでとう!」という祝福の声に、満面の笑顔を浮かべると、バースデーケーキの前で記念写真。スタッフの計らいで、デビュー曲「A・RA・SHI」が流れる会場は、お祝いムードに包まれた。

<嵐 インタビュー>

◆撮影の感想をお聞かせください。

櫻井:みんなでパズドラをやったのって、初めてだよね?

二宮:一緒にプレイしたのは初めてだね。

松本:(二宮が)非常に心強かったよね。

二宮:ありがとうございます。

大野:素晴らしかった。

相葉:敵も強かったけどね。

二宮:強かったけど、みんなで力を合わせたから。

◆メンバーの皆さんは二宮さんがプレイしているのを近くで見たのは初めてですか?

二宮以外:けっこう見てるよね。/見てる。/けっこう見てる。

櫻井:息をするのと同じぐらい、やってんじゃない?

相葉:すげー見てるもん。

二宮:CMでもパズドラやってるし、待ち時間もずっとパズドラやってますからね。ずーっとやってんだから。

松本:すごいよね。ずーっとタッチペン持ってるから。

二宮:アハハハ。

大野:もう昔からやってるもん。

二宮:ずーっとですよ。

◆今回のCMの見どころをお聞かせください。

二宮:やっぱり壮大な感じがするところじゃないですか。

櫻井:たしかに。

二宮:こんなバブリーなパズドラ、初めて見ましたよ。

松本:あんなに大画面で見れるなんて。

二宮:ガンホーさんの忘年会に来てるような感じというか。あんなのあるんだろうな、みたいな。

相葉:忘年会そんなに豪華ですか?!

二宮:いやーあるでしょ(笑)

◆今年中に達成したいことがありましたらお聞かせください。

二宮:パズドラで、今年中にランク1000までいきたいです。

櫻井:いまどれくらいなの?

二宮:950。

櫻井:同等レベルの人ってどれぐらいいるの?

二宮:どれぐらいいます?

パズドラ関係者:全体の2%ぐらい。すごいエリートです。

相葉:2%!?

櫻井:ピラミッドの頂点に近いよね。

二宮:俺マジで頑張ったら、ガンホー入れるよ(笑)。

大野:すげーなぁ。

櫻井:マジですごい!

二宮:1000は区切りがいいですから、今年はそこを目指します。

櫻井:絶対コレ使われるじゃん(笑)。

相葉:達成してほしいね。みんなで応援するから。

二宮:みんなの期待を背負って、ぜひ達成したいと思います!

◆8周年を迎えたパズドラですが、これまでCM出演いただいてきた嵐の皆さんのお気持ちは?

相葉:今までいろいろなCMを撮らせてもらったよね。

櫻井:映画っぽいのとか。

相葉:あと、宙に吊られて、というのもあったよね。

松本:あったね。

二宮:リーダーがぐるぐる回って。

大野:あったあった。あれは大変でしたね~(笑)。

全員:(笑)

相葉:カッコ良かったよ。

櫻井:パズドラダンスもよく観たよね。

相葉:子供たちとか、いろんな人が踊ってくれて。

櫻井:8年前かぁ。それこそ、ライブでやったウォータースクリーンの演出って、2012年じゃない?

松本:2012年だね。

櫻井:でよね!

相葉:でよね?

二宮:興奮しちゃった。

櫻井:「だよね」と「でしょ」が混ざっちゃった(笑)。

相葉:今回のCMでもウォータースクリーンが出てくるしね。

櫻井:その巡り合わせはちょっと面白いよね。

松本:あと、国立でライブやってた頃じゃない。

大野:懐かしいなぁ。

松本:懐かしいね。8年って、そう考えると…。

櫻井:長いね。

二宮:長い。

相葉:歴史ですね。

パズドラ8周年 新CM『ハワイでパズドラ』篇(15秒)
https://youtu.be/hxmZzpCj4Bg

CMメイキング
https://youtu.be/nMDssmu-iNo

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.