黒木啓司、役者業に意欲「もっともっと勉強しなくては」『パパ恋』第5話に再登場 | TV LIFE web

黒木啓司、役者業に意欲「もっともっと勉強しなくては」『パパ恋』第5話に再登場

エンタメ総合
2020年02月28日
『パパがも一度恋をした』

 オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(フジテレビ系)の第5話(2月29日(土)放送)に、イケメンテニスコーチ・宮下純平役の黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)が再び登場する。

 黒木演じるテニスコーチ・宮下は第2話に登場。“下ネタセリフ”全開で強烈なインパクトを残した。再登場となる第6話では、おっさん多恵子(塚地武雅)と水族館デートでまさかのキスも?撮影現場では、「Choo Choo TRAIN」のサビの振り付けをキャストに教えるなど、和気あいあいと過ごしていたという黒木が、ドラマの感想や役者業への思いを語った。

『パパがも一度恋をした』

<黒木啓司 コメント>

◆黒木さんが出演された第2話は、特にコメディ要素が際立った回でした。おっさん多恵子にテニスを教える宮下コーチのセリフは、なかなか下ネタも多くて。

 今の時代にこんなに下ネタのセリフが入っていていいの?と思うぐらい。結構好きなんです、下ネタ(笑)。

◆ちなみに印象に残っているセリフはありますか?

「腰をグッと」とか…(笑)。ああいうセリフをテレビで言えるなんて、とても楽しかったです。

『パパがも一度恋をした』

◆このドラマを通して、コメディ作品の楽しさ、難しさを感じられていますか?

 役者の経験はまだ少ないですが、コメディ作品は特に難しいと感じています。今回は、小澤(征悦)さんをはじめとした皆さんが楽しい雰囲気をつくりあげられているからこそ、いい作品ができているのを肌で感じていてとても勉強になりました。

『パパがも一度恋をした』

◆小澤さんの演技もさらにパワフルに振り切られています。

 小澤さんは、演じるうえで「ダンディーさ」と「コメディっぽさ」を使い分けておられるのが見ていて勉強になります。塚地(武雅)さんや本上(まなみ)さんは、役として何とも言えない表情をされる時があって、ドキっとさせられます。こうした表情の一つ一つが観ている人を引き込んでいくのだと感じました。

◆EXILE、EXILE THE SECONDの仕事について

 演じることでEXILEとしての表現力が深くなったような気がします。バラードなら、表情だけではなくダンスのパフォーマンスでも表現できていると思いますし、楽しい曲は表情から楽しく踊るようになりました。やはり役者業は難しいですし、答えがない仕事ではあるのですが、相乗効果もあるのでもっともっと勉強しなくてはと感じています。

『パパがも一度恋をした』

◆今後の目標をお聞かせください。

 役者業はお仕事を頂けたら全力で頑張りますし、何事にも挑戦する気持ちで普段から取り組んでいます。また、自分が九州発エンタテインメントプロジェクト「THE NINE WORLDS」を立ち上げていて、新しいアーティストを求めて未来のTAKAHIROくんやグループを九州で発掘したいと考えています。九州から発信し、本気でエンタテインメントの歴史を変えていきたいと思っています。

『パパがも一度恋をした』

◆『パパ恋』の見どころをお願いします。

 コメディ要素満載の中で、家族の温かさがしっかりと描かれているドラマだと思います。お子さまが寝静まったあと、ご夫婦でお酒を飲みながらふっと力を抜いて観ていただけるといいかもしれません。もしかしたら少子化をストップできるかもしれないですよ!?(笑)。

『パパがも一度恋をした』

<第5話(2月29日放送)あらすじ>

多恵子(本上まなみ)にうり二つの女性はトモ(福本莉子)のクラスの臨時担任だった。その佐々木ミク(本上=2役)が山下家を訪れ、おっさん多恵子(塚地武雅)も動揺を隠せない。吾郎(小澤征悦)はミクの話を聞くうちに生前の多恵子を想い出し、涙があふれ出す。そんな中、ミクのある大胆な行動で二人は急接近。吾郎は誘惑に打ち勝つことができるのか。

『パパがも一度恋をした』
フジテレビ系
2月29日(土)後11・40

出演:小澤征悦、塚地武雅、本上まなみ、福本莉子/塚本高史、麿赤兒

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/papakoi/
Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra
Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/?hl=ja