• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

仲里依紗「まさか回し蹴りがまた出てくるなんて」『10の秘密』第8話3・3放送

『10の秘密』

『10の秘密』(フジテレビ系)で石川菜七子役を演じる仲里依紗が、3月3日(火)放送の第8話の見どころを語った。

場面写真を見る(全4枚)

 本作は“秘密”のベールに包まれた人間の欲望が暴かれるオリジナルサスペンス。主人公・白河圭太(向井理)の愛する娘・瞳(山田杏奈)が何者かに誘拐されたことに端を発し、圭太と関わるさまざまな人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こる。

 第8話では“新しい人生”を手に入れるために自分と瞳を利用してきた由貴子(仲間由紀恵)に贖罪させるため、圭太が竜二(渡部篤郎)の協力を得て由貴子を追い詰める。いっぽう、母親の死の真相を追うため、竜二を尾行していた翼(松村北斗)は、竜二が菜七子(仲里依紗)と会っているのを目撃し…。

 仲が演じる石川菜七子は、圭太の家の近所に住む保育士。圭太とは母親同士が友人で、幼い頃から家を行き来する兄妹のような間柄。そんな役柄について仲は「元気が良くて、菜七子が出てくると場が明るくなるようなイメージ。菜七子のちょっとした表情やしぐさに注目していただいて、あとで、“あの時の表情はそうだったんだ”と答え合わせをしていただけるような楽しい役」とコメント。

 また、菜七子が空手の黒帯ということで、第2話(1月21日放送)では回し蹴りをするシーンも。クランクイン初日からそのシーンの撮影だったそうで、気合が入りすぎて靴が飛んで行ったというが、第8話でも再び仲が回し蹴りをするシーンが登場。仲は「まさか最初にした回し蹴りが、また出てくるなんて思っていなかった」と振り返った。

『10の秘密』
カンテレ・フジテレビ系全国ネット
毎週(火)後9・00~9・54

出演:向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗、山田杏奈、高島豪志、堀田茜、河村花、佐野史郎、遠藤雄弥、藤原光博、山野海、名取裕子、渡部篤郎 ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える