• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小籔千豊が『テセウスの船』に出演!竹内涼真と『陸王』以来の共演

『テセウスの船』

 竹内涼真主演の日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)の第9話(3月15日放送)から、小籔千豊が出演することが分かった。

 小籔が演じるのは、宮城県警監察官室の馬淵。“組織”を守るためなら手段を選ばない冷酷なキャリア警察官だ。心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)を襲ったある事件を機に、2人の前に立ちはだかる大きな敵となる。馬淵と文吾の間には過去の因縁があるようで、父と子の運命を握る重要な役どころだ。

 小籔は、2017年放送の日曜劇場『陸王』以来のドラマ出演で、主演の竹内とはそれ以来の共演となる。

<小籔千豊 コメント>
このドラマを全て見てとても感動したので、途中から出演させていただくにあたってプレッシャーがすごかったです。それに、僕にはキャパオーバーなくらいたくさんせりふを頂いてしまって。必死でせりふを覚えなくてはならないので、撮影が終わるまではゲームを封印するつもりです(笑)。
竹内君は『陸王』の時も既に人気でしたけど、今の方がさらに売れているので、今回この現場で会う前は「竹内君がすごく偉そうになっていたらどうしよう」って思っていたのですが、全くそんな雰囲気もなく、本当に前と同じく自然な感じで接してくれたので安心しました。なんかやたら俳優面してしゃべってこられたら嫌だなと思っていたんですけど(笑)。前と何も変わらない好青年でよかったと思いました。
今回はせりふも多いので大変ですが、それ以上に本当に標準語を頑張っていますのでそのあたりも見ていただけたらと思います。僕が出させていただいている第9話もめちゃくちゃ面白いのでぜひ見ていただけたらうれしいです。
あと、今回このドラマに参加させていただけて本当にありがたいのですが、正直言うと参加せずにオンエアでこのお話を見たかったなという気持ちも半分あります(笑)。なので、そのぶん皆さんにはこの先のストーリーをぜひ楽しみにしていただければと思います。

日曜劇場『テセウスの船』
TBS系
毎週日曜 後9・00~9・54

<第8話(3月8日放送)あらすじ>
大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯にされてしまう。
心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る。
また、村では同時に新たな事件が進行しており、和子(榮倉奈々)と子供たちの身に危険が迫る。
そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが判明。ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える