元AKB48仲川遥香がひた隠しにしてきた生い立ちを初告白 | TV LIFE web

元AKB48仲川遥香がひた隠しにしてきた生い立ちを初告白

エンタメ総合
2020年03月06日
『爆報!THEフライデー』

 3月6日(金)放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)は、AKB48の元メンバーで、インドネシアのジャカルタを拠点に活動しているJKT48の主要メンバーとしても活躍、現在はタレントとして活動する仲川遥香が、衝撃の生い立ちを初告白する。

 2006年、AKB48のオーディションに合格し、翌年、15歳でAKB48のメンバーとして芸能界デビューした仲川。2012年、インドネシアのジャカルタを拠点に活動を展開する姉妹グループJKT48に自ら希望して移籍し、現地で大ブレークを果たした。

 2016年にJKT48およびAKB48グループを卒業して以降も、インドネシアを拠点に活躍し、28歳になった現在もインドネシアで国民的スターとして絶大な人気を誇っている。そんな彼女が今まで周囲にひた隠しにしてきたという自身の生い立ちについて語る。

『爆報!THEフライデー』

 18歳でAKB48選抜メンバー入りを果たした仲川だが、活躍すればするほど、ある悩みが大きくなっていたという。それは、自分が児童養護施設で育ったという生い立ち。そのことが周囲に知られればマスコミの格好の的となり、アイドルのイメージを損ねてしまうかもしれない。そんな思いを強く抱いていた仲川は、取材で家族について聞かれると偽ったことを話し、2016年に発売した自伝本でも嘘の家族構成を紹介していた。そうして仲川は自身の過去に目を背け、家族を詐称したことが世間にバレないよう、家族との接触を避け、疎遠になっていたという。

 しかし昨年、そんな自分の行動を深く後悔する悲劇が起こり、仲川の気持ちは激変する。彼女に起こった悲劇とは。経済的に厳しい状況下での生活、そして児童養護施設での生活…。今回、全てを明かすことで仲川が視聴者に伝えたい想いとは。

『爆報!THEフライデー』
TBS系
3月6日(金)後7・00~8・00

©TBS