大泉洋が明かす『ハケンの品格』との不思議な縁「たしか13年前も…」 | TV LIFE web

大泉洋が明かす『ハケンの品格』との不思議な縁「たしか13年前も…」

エンタメ総合
2020年03月18日
大泉洋 ©NTV

4月15日(水)スタートのドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)に、大泉洋が13年前に続いて出演することが分かった。

主演の篠原涼子のほかでは、これまで小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔の続投が発表されていたが、前作のラストで名古屋支店に異動になっていた大泉演じる東海林武が登場する。

篠原演じる大前春子との恋の行方も不透明のままだった東海林だが、果たして2人はどんな関係になっているのか。

大泉が「また篠原さん演じる大前春子とやり合うことになりそうです」とコメントしており、前作で話題になった「とっくり!」「くるくるパーマ!」という春子との掛け合いが再び見られそうだ。

■大泉洋/東海林武 役 コメント
続編のお話を頂いた時には、既に舞台の出演が決まっていまして…。しかし『ハケンの品格』は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなどいろいろ調整し、何とか出演できることになりました。確か前作の時も舞台とスケジュールが被っていたような気がします。不思議な話ですが、なんであれまた出演させていただけるのは光栄ですし、13年ぶりにまた皆さんにとお会いできると思うと今からとても楽しみです。
台本を見る限り、また篠原さん演じる大前春子とやり合うことになりそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください。

『ハケンの品格』
日本テレビ系
4月15日(水)スタート 毎週水曜 後10・00~
出演:篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、上地雄輔、塚地武雅、大泉洋(特別出演)、伊東四朗ほか
脚本:中園ミホほか