• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ウディ・アレン最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」海外版予告&場面写真解禁

 今夏公開の映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」の海外版予告と場面写真が解禁された。

 本作は、ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優が集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ。

 監督は「マンハッタン」「アニー・ホール」「カフェ・ソサエティ」「女と男の観覧車」などニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン。

 現在84歳のアレン監督は、「僕は、昔からこういうクラシックなラブストーリーが大好きなんだ」と語る。2018年北米公開予定だった本作は、#Me Too問題の渦中で公開中止になったが、2019年初夏のポーランドでの公開を封切りにヨーロッパを中心に続々と公開され、日本でも公開されることになった。

「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞ほか数々の賞にノミネートされたティモシー・シャラメが生粋のニューヨーカーのギャツビーを好演。

 エル・ファニングがアリゾナ出身の無垢なガールフレンド・アシュレーを、世界的歌姫セレーナ・ゴメスがストレートな物言いの知的な女性・チャンを演じる。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
今夏、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー
日本語字幕:古田由紀子 
提供:バップ、シネマライズ、ロングライド
配給:ロングライド
公式サイト:https://longride.jp/rdiny/
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

<STORY>
大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。きっかけはアシュレーが学校の課題で、有名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをする機会に恵まれたこと。生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャツビーは自分好みのクラシックなスポットを巡るためのプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事が次々と起こるのだった…。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える