• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キスマイ二階堂高嗣“24度目の正直”なるか!?『プレバト!!』4・16放送

『プレバト!!』

 4月16日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、「俳句」と「和紙ちぎり絵」の才能査定ランキングを送る。

「俳句の才能査定ランキング」には、石黒賢、戸次重幸、竹内由恵が初登場し、くっきー!(野性爆弾)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)と共に査定に挑む。二階堂以外のゲスト4人が俳句未経験者。本をたくさん読み、絵本の翻訳の仕事もしているという石黒は、言葉を扱うプロとして自信はあるものの「俳句大変ですね…、頑張って考えました」と渋い表情。演劇ユニット「TEAM NACS」では舞台の脚本も手掛ける戸次は「なんも出てこない…、ひねってもひねっても…」と苦悩を明かす。竹内は「カフェに何時間こもったことか…」と語りつつ、特待生3級の皆藤愛子の名前を挙げ「憧れています!特待生狙って頑張ります」と強気で挑む。

 また「消しゴムはんこ」や「絵手紙」などの芸術査定では特待生の座に就いているくっきー!は、意外にも俳句査定は初めて。「芸人というのはワードを言葉巧みに笑いに変える、そういう力を持っていますから!ここら辺の小童とは違いますわ」と自信満々で挑発する。そしてこれまで23回出演し、いまだに特待生になれていない二階堂は、俳句未経験者に実力の差を見せつけることができるか。

 夏井いつき先生から出題されたお題は「ランチの看板」。「目の付け所が難しい」という声が上がった一方で「パッと出てきました」という声も。夏井先生は全体の出来栄えに対し「今回は大変勉強になりますよ!さまざまな失敗の例を丁寧に見せてくれます」と辛口評価を下す。

 さらに、名人、特待生が1ランク上を目指す昇格試験には、永世名人に王手をかける梅沢富美男(名人10段)と皆藤愛子が挑戦する。

「和紙ちぎり絵査定」は「特待生昇格査定スペシャル」を。「東京の名所と人物が入った風景」のお題に挑むのは、特待生4級のカズレーザー(メイプル超合金)、5級のしずちゃん(南海キャンディーズ)、5級のくっきー!。3人が昇格か現状維持か、はたまた降格かを一人ずつ査定され、結果を言い渡される。和紙ちぎり絵作家の辻井華洲先生が査定する。

『プレバト!!』

『プレバト!!』
MBS/TBS系
4月16日(木)後7・00~8・00

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える