丸一丸のSKE48が24時間配信完走でトレンド入り!アーカイブ配信も決定 | TV LIFE web

丸一丸のSKE48が24時間配信完走でトレンド入り!アーカイブ配信も決定

エンタメ総合
2020年05月08日
©2020 Zest,Inc.

 SKE48が5月5日の17時からSKE48 LIVE!! ON DEMANDで24時間にわたる配信を行い、「#SKE48が丸一丸」がTwitterのトレンド入りした。

 新型コロナウイルス感染防止のため、SKE48の各チーム、研究生メンバーがそれぞれの自宅からできる企画のアイデアを出し合い、24時間にわたってリレー形式で配信された。

 5月5日の17時、画面には支配人兼キャプテンの斉藤真木子が一人でSKE48劇場に登場。企画の内容、スケジュールとともに、タイトルの「丸一丸(まるいちがん)」が2018年の高柳明音の生誕祭での高柳の言葉「2019年はみんなで丸一丸となってもう一回戦いに行きたい」から引用したものだと説明した。

©2020 Zest,Inc.

 昨年5月に開催した『「青春ガールズ」公演 入内嶋涼 生誕祭』を入内嶋本人の実況とともに配信後、各チームごとの企画配信がスタート。

 チームSは、オンラインでパジャマパーティーと翌日には朝食作りを企画。チームKⅡは高柳明音、青木詩織、太田彩夏、中野愛理、白井友紀乃というチーム内であまり一緒になることはない組み合わせの5人が数々のお題に挑戦するゲーム大会を披露。翌日はコーディネート対決を行った。

 チームEは須田亜香里、谷真理佳、熊崎晴香、福士奈央、髙畑結希と成人メンバーが、深夜の配信ならではのリモート飲み会を開催。翌日のゲーム「お家で宝探し!」では、須田のSKE48合格通知や高校時代の写真など、メンバーが自宅にある貴重な品を公開した。

©2020 Zest,Inc.

 また、昨年11月に合格した10期生の初パフォーマンスとなる『SKE48 Valentine′s Day Live 2020 ~CHOCOLATE~』に向けての密着ドキュメンタリー映像も初公開。斉藤の指導の下、22ndシングル「無意識の色」の公開生振り入れにも挑戦。配信終盤でぶっつけ本番の生パフォーマンスを披露した。

 配信を終えた斉藤は、「これまで17時間の生配信はしたことありましたが、24時間というのは初めて。普段なかなか会いに来ることのできない皆様と離れていても交流できるというヒントになったんじゃないかなと思いました」とコメントし、第2弾開催へ意欲を見せた。

 10期生密着ドキュメンタリー映像のダイジェスト版は、SKE48公式YouTubeチャンネルで公開中。5月9日(土)には「SKE48 が“丸一丸”!おうち配信リレー」がアーカイブ配信される。

「SKE48 10期生ドキュメンタリー~忘れられない1日~」(Special edit ver.)

「SKE48 が“丸一丸”(まるいちがん)!おうち配信リレー」アーカイブ配信
5月9日(土)正午公開予定
詳細はSKE48 OFFICIAL HP NEWS