本多劇場が6・1営業再開!柄本時生や井上小百合らの一人芝居を無観客生配信 | TV LIFE web

本多劇場が6・1営業再開!柄本時生や井上小百合らの一人芝居を無観客生配信

エンタメ総合
2020年05月20日

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月7日より全ての劇場を自主的に休館した本多劇場グループが、6月1日(月)より営業を再開。劇場の活動再開第一弾企画として6月1日(月)〜7日(日)の1週間、一人芝居を無観客生配信することを発表した。

 当企画は、脚本・演出家の川尻恵太と御笠ノ忠次の発起人ふたりが、この状況の中でどうやって演者、スタッフ、そして観客との距離を近づけていけるのかを考えた上で生まれたもの。社会情勢も踏まえながら、安全を最優先にし、段階的におこなっていくプロジェクトだ。

 企画名の「DISTANCE」とは、表現者と演劇の距離、演劇と観客の距離、そして、表現活動における心の距離を表しているという。「安全に劇場で舞台をつくり、お客様に届けたい」という目的のもと、2020年5月より始動した。

 出演者は、柄本時生、井上小百合、入江雅人、清水宏など、下北沢に、そして一人芝居に縁のあるメンバーが集結。6月1日(月)〜7日(日)の期間、日替わりで一人芝居を披露していく。なお、メインキャストは各回1名のみ、そのステージのみの出演となる。

 また、演劇を劇場で生で観ている状態に少しでも近づけるという意図から、有料の定額チケット制を採用。アーカイブを残さず、その日1回限りのライブ配信のみを、イープラスのライブ配信サービス「Streaming+」でチケット購入から視聴までワンパッケージで行う。

 劇場再開に寄せて本多劇場グループ総支配人の本多愼一郎は、「劇場としてできることは何なのか。安全を第一としつつ、わずかでも着実に、一歩ずつ。今できることをやりながら私たちは前に進みたいと思います」とコメントを発表している。

 今後は5月25日(月)に演目・タイムテーブル・全キャストを『DISTANCE』特設サイトで発表し、5月27日(水)正午よりイープラスでチケットを発売する予定だ。

<公演情報>
本多劇場グループPRESENTS「DISTANCE」
2020年6月1日(月)〜6月7日(日)

公演会場:下北沢本多劇場(※無観客生配信)
企画・脚本・演出:川尻恵太・御笠ノ忠次

出演者(五十音順):井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、小林顕作、近藤芳正、清水宏、永島敬三/川尻恵太、御笠ノ忠次ほか

上演時間:40〜50分予定
配信媒体:Streaming+

料金:前売・当日2,500円(税込)
※6月1日のみ複数演目を上演、3,500円を予定
発売:5月27日(水)正午からイープラスで発売

協力:ニッポン放送
主催:本多劇場グループ/DISTANCE製作委員会

『DISTANCE』特設サイト:http://distance.mystrikingly.com