『おうちで舞台~カンテレ劇場~』第2弾は宅間孝行、篠田麻里子ら出演の勘違いコメディ『笑う巨塔』を7・5放送 | TV LIFE web

『おうちで舞台~カンテレ劇場~』第2弾は宅間孝行、篠田麻里子ら出演の勘違いコメディ『笑う巨塔』を7・5放送

エンタメ総合
2020年07月05日

タクフェス 笑う巨塔

カンテレが月一度のペースで舞台を地上波で放送する『おうちで舞台~カンテレ劇場~』の第2弾となる『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』が7月5日(日)に放送。

コロナ禍のエンタメ業界を盛り上げようと、家にいながら舞台を楽しんでほしいという思いから始まった『おうちで舞台~カンテレ劇場~』。6月には兵動大樹と桂吉弥のW主演舞台『はい!丸尾不動産です。~本日、家に化けて出ます~』が放送された。

第2弾は2018年春に上演された勘違いコメディの傑作『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』をテレビ初放送、全編ノーカットで送る。病院のロビーが舞台のシチュエーションコメディで、入院患者、見舞い客、医師や看護師のさまざまな事情が交錯し院内は大混乱、“白い巨塔”ならぬ“笑う巨塔”と化していく。

タクフェス 笑う巨塔

検査入院のため入院する鳶職の親方・花田浩美を演じた片岡鶴太郎は、「下町の頑固な意地っ張りの鳶の親方で、今は使う人も少なくなってきました、江戸弁での御芝居。アドリブだったり、コント芝居だったり、まぁやりたい放題やらせて頂きました(笑)」と当時を振り返った。

片岡演じる浩美の娘・ふみを演じた篠田麻里子は、「私にとって本格的なコメディは初挑戦でしたが、共演者の方々と楽しく一生懸命に過ごした日々が甦ります」と当時を懐かしみ、「おうちでコメディエンヌ・篠田麻里子を観ていただき、笑って息抜きしてもらえたらうれしいです」とコメントを寄せた。

 

また、本作で作・演出・出演を務め、放送当日はゲストとして番組にリモート出演する宅間孝行もメッセージを寄せ、「普段劇場に行かないあなた、今時行きたくても行けないあなた。この機会に普段とは一味違う体験をしてみませんか? 劇場は本当は夢の世界、異次元の世界ですが、そんな空気をお茶の間で楽しめます!役者たちの観客席との笑いと涙のガチンコ勝負をご披露します」とPRしている。

タクフェス 笑う巨塔

番組情報

タクフェス 笑う巨塔

『おうちで舞台~カンテレ劇場~』
カンテレ
2020年7月5日(日)深1・59~4・52
番組ナビゲーター:川島壮雄
ゲスト:宅間孝行

『タクフェス 春のコメディ祭!笑う巨塔』(2018年上演)
出演:宅間孝行、篠田麻里子、松本享恭/かとうかず子、鳥居みゆき/片岡鶴太郎ほか

タクフェス 笑う巨塔

WEB

公式サイト:https://www.ktv.jp/ouchidebutai/