TOKIOが福島県の“旬”に最高の笑顔!「ふくしまプライド。」新CM | TV LIFE web

TOKIOが福島県の“旬”に最高の笑顔!「ふくしまプライド。」新CM

エンタメ総合
2020年07月13日

「ふくしまプライド。」新CM

TOKIOが出演する「ふくしまプライド。」新CM『桃』篇、『カツオ』篇、『夏野菜』篇が7月15日(水)より順次放送される。

『桃』篇の舞台は、福島市の桃農園。「♪かたい、うまい、ふくしまの~、桃!!」と声をそろえる生産者たち。「んだんだ♪」と合いの手を入れるベコ太郎もポーズを決めて満足げ。ところ変わって東京某所。「♪赤い!!、甘んまい、ふくしまの~、桃!!」と同じリズムで城島茂が続く。赤く色付いた大きな桃を頬張ると、あふれ出てくる果汁の多さに驚きを隠せない城島。最後に両腕で大きな円を描き、桃の形のポーズを取ると、その隣でベコ太郎も全く同じポーズを取ってみせる。

『カツオ』篇の舞台は、いわき市小名浜漁港。「海だよ~!!初ガツオ~!!」と獲れたてのカツオを掲げ、ご機嫌の漁業者たち。その声を聞きつけたのは東京某所にいる松岡昌宏。「復活、福島常磐もの!!」とはやる気持ちを押さえられないようで、「もうハチマキ巻いちゃう!!」「生姜もすっちゃう!」とかなり前のめり。大皿にきれいに並べられたカツオのたたきとご対面すると、「初ガツオ~」と目を輝かせる松岡。早速頬張ると「うまい!!」と声を上げて大満足。あまりの声の大きさに、ベコ太郎は思わずのけ反ってしまう。

『夏野菜』篇には、矢吹町のトマト農園で自由研究中の子供たちが登場し「昼は暑いよ!!夜涼しいよ!!」と福島の夏野菜がおいしい理由を声高らかに発表する。ところ変わって東京某所の国分太一。浴衣姿でうちわ片手に縁側で涼む国分が手に取ったのは、キンキンに冷えた福島のトマト。「昼は冷やして! 夜はオシャレに!」とトマトにかぶりつき、最後はキュウリも手に持ち「だからヘルシー!」と決めポーズ。その様子に、ベコ太郎は「んだんだ♪」とすかさず合いの手を入れる。