川栄李奈が海の現場に潜入!「海の日プロジェクト2020」WEB動画が公開 | TV LIFE web

川栄李奈が海の現場に潜入!「海の日プロジェクト2020」WEB動画が公開

エンタメ総合
2020年07月17日

 

川栄李奈が、造船所や海上保安庁、コンテナターミナルなどで「海のエッセンシャルワーカー」を訪問するWEB動画「海の日プロジェクト2020 川栄李奈の#知ろうもっと海のこと」が公開された。

総合海洋政策本部、国土交通省、日本財団は、7月23日(木)の「海の日」にむけて、海の日の意義や海事産業の重要性を伝えていくために、「海の日プロジェクト2020」を開始。海に囲まれた日本は、貿易の99.6%、国内物流の4割以上を海上輸送で担っており、そこで働く船員などの労働者はコロナ禍でも休まずに働き続け、我々の暮らしを支える「海のエッセンシャルワーカー」だ。

今回のWEB動画では川栄が、普段は入ることのできない海で働くさまざまな職業の仕事現場を訪れ、クイズに答えながら、日本の経済や生活がいかに多くの海で働く人たちによって支えられているかを知っていく。

まずはたくさんの貨物船の集まる東京湾を見渡せるふ頭で、世界中を航海する船員に話を聞いたり、迫力たっぷりの巨大なコンテナクレーンを見て、暮らしに密接に関わる海上輸送の仕事を体感。

次に海上保安庁で海の安全を守る巡視船の船長から話を聞いた後は、一般の人はめったに入れない造船所を見学した。船をつくる匠の技を目の当たりにした川栄は「すごく細かいですよね!」と驚きの声を上げる。

最後はクルーザーに乗って、湾内を周遊。小型船舶免許があったら「船で海外にいってみたい」と話す川栄は、洋上のさわやかな風を浴びながら気持ちよさそうな表情を浮かべていた。

一日の旅を終えて、「海や船で働く人たちによって私たちが生活できているんだなということを実感しました」と改めて感想を語った川栄。動画の最後には、キャンペーンに応募できる「クイズ」も出題している。

WEB動画に出てくるヒントを参考に、クイズに回答・応募した人の中から抽選で、JTBトラベルギフト券や川栄のサイン入りタンブラーやそのほか豪華賞品が当たるキャンペーンを7月17日(金)から8月31日(月)まで実施する。詳細は公式サイトを参照。

「海の日プロジェクト2020」サイトでは、海の日に寄せた安倍総理大臣からのメッセージや、海や船のことを学べる「海のまなびガチャ」、絵本動画「海のパイロットさん」などキッズ向けコンテンツも紹介している。

<動画>
「海の日プロジェクト2020」WEB動画

出演:川栄李奈
撮影協力:横浜港大さん橋国際旅客ターミナル、(一社)日本船主協会、
日本郵船株式会社、日本通運株式会社、横浜市港湾局、海上保安庁、
ジャパン・マリン・ユナイテッド株式会社、(一社)日本マリン事業協会、
横浜ベイサイドマリーナ株式会社

<WEB>
「海の日プロジェクト2020」公式サイト:https://c2sea.jp/uminohi2020