浜中文一主演舞台「スケリグ」追加公演決定 | TV LIFE web

浜中文一主演舞台「スケリグ」追加公演決定

エンタメ総合
2020年08月25日
舞台「スケリグ」
舞台「スケリグ」撮影:岡千里

浜中文一主演舞台「スケリグ」の追加公演が9月5日(土)に相模女子大学グリーンホール 大ホールで上演されることが決定した。

本作は、イギリスの作家デイヴィッド・アーモンドによって1988年に書かれた児童文学の傑作「スケリグ (Skellig)」が原作。

現代劇からミュージカルまでさまざまな作品を手掛ける浦辺千鶴が翻訳、創造性に富んだ新時代の演劇を生み出し続けるウォーリー木下が演出を手掛け、2019年に舞台化、上演された。

今回の再演では、初演に引き続きスケリグ役を浜中文一が演じ、新たにマイケル役には大東立樹(ジャニーズJr.)、ミナ役に清水ららが出演。また浜中と同じく、奥村佳恵、工藤広夢、金子昇、瀬戸カトリーヌも初演から続投する。

7月31日から8月16日まで紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで東京公演、8月22日、23日に松下IMPホールで大阪公演が行われたが、東京公演が8公演、ツアー公演が8公演中止された。

相模大野公演は、これまでの経験を生かし、より安全な空間を創ることに最大限注力して3つの対策を講じて上演される。

①有効座席数を、通常キャパシティの30%以下に抑えた200席に限定
②キャスト、スタッフにはPCR検査を行い、管理体制を強化
③キャスト、スタッフは厚生労働省が提供する接触確認アプリケーション「COCOA」をインストールし、感染症拡大の状況を把握できるようにする。また、来場者にもアプリのインストールへの協力を求める。

なお、上記3点をはじめ感染症対策を徹底して開催されることから、購入後、来場を控えたい観客への払い戻しは行われない。

公演情報

シーエイティプロデュース
舞台「スケリグ」

<あらすじ>
古い家に引っ越したマイケル(大東立樹)は、荒れ庭のガレージの片隅で、ボロ雑巾のような「彼」を見つけた。ホコリと虫の死骸まみれの服、捻じ曲がった身体、その背中には奇妙なものが生えていた。 彼の名前は「スケリグ」(浜中文一)。
マイケルにはまだ赤ちゃんの妹がいる。でも重い病気で、パパ(金子昇)とママ(瀬戸カトリーヌ)は妹にかかりきり。マイケルは隣の家の女の子・ミナ(清水らら)と一緒に、スケリグを助けようと秘密の活躍を始める。月明かりの中の冒険、廃墟に住むフクロウたち、小さな妹への想い、そして、とても不機嫌でとても不思議なスケリグのくれる奇跡――。
無垢な心が見つめる生と死…、ファンタジックな世界から大切なものが伝わる、切なくてあたたかな救いのストーリー。

作:デイヴィッド・アーモンド
翻訳:浦辺千鶴
演出:ウォーリー木下

出演:浜中文一・大東立樹(ジャニーズJr.)清水らら 奥村佳恵 工藤広夢・金子昇 瀬戸カトリーヌ
吉田能(演奏)

■相模大野公演
会場:相模女子大学グリーンホール 大ホール
(相模原市南区相模大野4-4-1)

日程:2020年9月5日(土)後3・00開演(後2・30開場)

料金:指定 7,500円(税込)/U-15チケット 3,000円(税込)
※未就学児入場不可
※U-15チケットは、小学生~15歳以下対象。チケットスペース電話のみで取り扱い。公演当日、年齢の確認ができる身分証を要提示。

チケット発売日:2020年8月25日(火)後6・00~
※チケットスペースは、2020年8月26日(水)前10・00~

企画・製作・主催:シーエイティプロデュース