空中ディスプレイ開発者・大坪誠に迫る『情熱大陸』10・25放送 | TV LIFE web

空中ディスプレイ開発者・大坪誠に迫る『情熱大陸』10・25放送

エンタメ総合
2020年10月25日

『情熱大陸』

10月25日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、空中ディスプレイ開発者の大坪誠の素顔に迫る。

タッチパネルに直接触れることなくチケットなどが買えたら…。コロナ禍にあって、感染防止の観点からも世界的に大きな注目を集めている空中ディスプレイ技術。番組では、その開発者・大坪誠に迫る。

大坪が設計した特殊な「3Dプレート」を使えば、空中に自在に映像を浮かび上がらせることができる。その原理を分かりやすく紹介するとともに、周囲から「天才」と呼ばれる大坪の日々にカメラを向ける。

大坪がそもそも空中ディスプレイを思いついたのは新幹線の車内。車窓を流れる景色を、別の場所で見ることができたら楽しいだろうと考えたことが発端だったという。

大坪は自ら空中ディスプレイの基本を実験して見せてくれた。机上の設計を商品化することはたやすくはない。既に実用化は始まっているものの、さらに精度を上げるためには、まだまだ高い壁があった。企業秘密だらけの工場には、大坪と若きスタッフたちの闘いがある。

SF映画の世界を現実に引き寄せる男でありながら、スマホの扱いは不得手。アイデアを守るために特許の取得に奔走する姿には、天才ならではの苦労が覗く。今をときめく技術を操りながら、家に帰れば熱狂的な広島カープファンに早替わり。かつて事業に大失敗し、何もかも失ったという大坪は、目下一人暮らし。その姿には、ちょっぴり切なさもにじんでいた。

世界を変える画期的な技術を開発した大坪だが、まだ世の中にないアイデアを持っているらしい。あくなき夢の実現に向かって進む技術者の素顔に迫る。

<空中ディスプレイ開発者/大坪誠 プロフィール>
1955年長崎県五島市生まれ。幼少期、五島列島の自然のなかで、自分はなぜここにいるのか?いったい何者なのか?と違和感を持ちながら育ったという。
技術者だった父の影響を受け、大学でも技術系に進学。鉄鋼関係エンジニアリング会社で電子部品関係の開発に携わる。探求心が豊かで妥協を許さずとことん考え実行する性格。次々と特許技術を開発し、3D関係のベンチャーを起業。空中結像技術の開発を開始。2011年この技術を実用化するために、大手印刷会社からの誘いを断り、広島で新たな技術開発に意欲的に取り組もうとしていたアスカネットで空中ディスプレイの実用化に成功する。コロナ時代に、感染防止に有効な非接触技術として内外の注目を集めることとなった。

『情熱大陸』
MBS/TBS系
2020年10月25日(日)後11・00~11・30

©MBS