総再生回数3億回超の教育系YouTuber 葉一に迫る『情熱大陸』11・29放送 | TV LIFE web

総再生回数3億回超の教育系YouTuber 葉一に迫る『情熱大陸』11・29放送

エンタメ総合
2020年11月28日

『情熱大陸』

11月29日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、教育系YouTuberの葉一に迫る。

葉一は、2012年の初投稿から8年以上、自宅で撮影した授業動画をYouTubeに投稿し続けている。

今までに投稿した動画は約3400本。登録者数112万人、総再生回数は3億回に上る(2020年11月現在)。対象は小学3年生から高校3年生まで。数学を専門としているが、中学は主要5教科に対応している。

新型コロナによる一斉休校で、授業が受けられない状況が続いていた今年、葉一の投稿する授業動画は世代を超えて話題となった。授業を受けたい10代のユーザー、授業を受けさせたい保護者、授業をしたい教員が、それぞれ葉一の動画を参考に。

恩師から招かれた女子高では、アイドル顔負けの人気ぶりで、サイン攻めにあうほど。そこまで支持される秘密はどこにあるのか。番組では例題を参考に成績アップに結びつく、葉一の指導法も紹介する。

「子供のなりたい職業」の上位に上がることが多いYouTuberだが、動画作りは極めて泥臭い。板書はホワイトボードに手書き、一文字を4センチ四方に収め、問題文の水平が2ミリでもズレると書き直す。授業のライブ感を重んじるため動画編集はせず、ミスをすると一から撮り直し。途中でカットも入れないため、終了後には酸欠状態になることもあるという。

「ここに生徒がいるんです!」と、ハンディカメラに優しく触れながら話す葉一。

YouTubeは、学校・塾に続く新たな学習の「柱」になり得るのか。教育の常識を覆そうと奮闘する、古参YouTuberの知られざる姿を追う。

<教育系YouTuber/葉一 プロフィール>
1985年生まれの35歳。東京学芸大学卒後、教材の営業マン、塾講師を経験。「無料で授業が受けられるコンテンツを作りたい」という思いから、2012年6月1日にユーチューブチャンネル「とある男が授業をしてみた」を開設。丁寧な板書と分かりやすい言葉運び、兄貴的なキャラクターで人気を博す。
YouTuberとしては2020年7月にチャンネル登録者100万人を突破。
授業動画以外に、学生や保護者の悩みに応える動画も配信。保護者からも信頼の声が寄せられる。
生粋のゲーム好きで、3台のスマホを併用してネットゲームをプレイすることも。群馬県高崎市在住。妻と2人の息子、ハムスターの“おもち”と暮らす。

©MBS