2.7次元アイドル・KOUGU維新がオンラインミュージカルにいざ参らん!その胸に宿りし次なる野望とは… | TV LIFE web

2.7次元アイドル・KOUGU維新がオンラインミュージカルにいざ参らん!その胸に宿りし次なる野望とは…

エンタメ総合
2020年12月24日

KOUGU維新

12月24日(木)に最初で最後のオンラインミュージカルを開催するKOUGU維新の選抜メンバー(きつね、トム・ブラウン、ワタリ119、ほしのディスコ)が囲み取材に出席した。

『有吉の壁』(日本テレビ系)で誕生した、工具を具現化した2.7次元アイドル・KOUGU維新は、MC・有吉弘行の判定とは裏腹に、SNSのトレンド入りやCM出演など活躍の場を拡大。第1章完結から1か月を経て、第2章が開幕したが、なんと最初で最後のオンラインミュージカルの開催が決定。KOUGU男士たちがクリスマスパーティーを楽しむ中、マイナスドライバ率いる反乱軍「工具リベリオン」によるある計画が始動し、KOUGU維新のプライドを懸けて、聖夜に熱きバトルが勃発するという物語を上演する。

オンラインミュージカル開催を知ったときの心境について、プラスドライバ役の大津(きつね)は「トントントンって進むから僕ら自体もついていけてないような気持ちでいっぱい。普段芸人さんで一緒になんかするときって同じ事務所でってことが多いと思うんですけど、こうやって垣根を越えてミュージカルをできるってことに感動してる」と。

それを聞いた鉄槌役のみちお(トム・ブラウン)も「それって『有吉の壁』の良いところで、全員仲間みたいな感じでね。それがKOUGU維新は如実に出てる感じだよね」と賛同。平やっとこ役の淡路(きつね)は「第1章が完結になったけど、ファンの方のまだ見たいっていう声にこのミュージカルで応えられる形を作れた。僕ら2人で今後も続けていくことは可能なんですが、日テレさんの力を借りてメンバーを集められたことに喜びを感じています」と語った。

キリ役の布川(トム・ブラウン)は、SNSで「キリ様、好きです」というメッセージが来ると明かし、これまでは男性ファンが多かったがKOUGU維新で女性ファンが増えたという。

砥石役のワタリは「まさかミュージカルをやるとは思ってなかったので、親族みんなに『ミュージカルに出ることになった』って自慢しました」と話し、YouTubeで歌唱力が話題の丸鋸役のほしのディスコ(パーパー)は「(歌唱力を)生かせるようなお仕事をきつねさんに頂いた。でも『有吉の壁』に出させていただいた初回の時は、僕コーラスだったのであんまり力を発揮できず…。ミュージカルは頑張りたい」と意気込んだ。

稽古中のエピソードを聞くと、淡路は「クライマックスシーンの稽古中、マイナスドライバの向井慧(パンサー)と、芝居の本気度のチューニングが合わないと誰か笑ってしまう。向井さんはまだ4割ぐらいでいきたいのに、僕が9割ぐらいでやっちゃうと『やめて、本気でやるの。取っといて』って。みんなで温度感を合わせないと練習が進まない」と告白。

大津も「僕ら7割で、向井さんだけ9割のときは言ってこないのに、向井さん7割で僕ら9割のときは言ってくる。兄弟同士の殺陣のとき、つばぜり合いするんですけど向井さんに力が入りすぎてつばぜり合いにならんくらい。グッて押されて『殺すぞ』みたいな目で見られてるときは笑いそうになる」と明かした。

時代劇好きなみちおは、ワタリとの初挑戦の殺陣が見どころだとアピール。気合が入りすぎた結果、ワタリを本気で殴りにいってしまったという稽古を振り返ると、ワタリは「怖かったんですよ。でも、たんだんお互いうまくなってきて、めちゃくちゃかっこいいシーンになった」と手応えを明かした。

KOUGU維新の今後の野望について、大津が「100日公演をしたい。劇場を借りて、100日間連続でツーステ」と言うと「持ち小屋が欲しい」(淡路)、「全国回るの楽しそう」(みちお)と他のメンバーも乗り気に。さらに、きつねの2人はアニメ化、ゲーム化、アプリ化、パチンコ化もしたいと夢を膨らませていた。

「最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~」
配信予定:12月24日(木)後7・00開場/後8・00開演
配信チケット:Huluストアにて3300円(税込)で発売中