JO1が男性初のYSLアンバサダーに就任!大平祥生「男性でも女性でもきれいになれることを発信できたら」

エンタメ総合
2022年01月05日
JO1

「YSL BEAUTY 新作リップ発売&JO1ジャパンアンバサダー就任会見」が行われ、ブランドアンバサダーを務めるJO1(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)が登壇した。

これまでオフィシャルビューティパートナーとして活躍していたJO1。このたび、2022年から正式にブランドアンバサダーに就任したことが発表された。

新作リップ「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」を使用したメイクで登壇したJO1。大平はメイクのポイントについて「新作のリップのツヤ感を出すためにアイシャドウなどはあまり主張せず、リップに注目していただけるようにメイクしていただきました」と口元を指さしてアピール。

新作リップの好きなところを尋ねられた川西は「着け心地が本当にびっくりするくらい良くて、何回も塗りたくなるような感じ。さっきも何回も塗っていただいたんですけど、気持ち良かったです」と笑顔。

続いて、白岩は「リップなのにスキンケア成分が78%も配合されていることがまずすごいなと思いましたし、乾燥が気になるこの季節にメイクをしながらリップのケアもできるということで、本当に素晴らしい商品だなと思いました。そして、透明なカラーの2番もあって、それは男性も使いやすくて、すごくお薦めなんじゃないかなと思います」と紹介した。

去年1年間オフィシャルビューティパートナーを務めた感想を聞かれ、河野は「JO1全員が見られる意識というか、カッコよくなりたいと思って1年間商品を使わせていただきました。その成果がこの1年間で(肌ツヤが)出たんじゃないかなと思います。助かっております」と感謝した。

鶴房汐恩のひと言に注目する大平祥生、豆原一成、河野純喜

ブランドアンバサダー就任について、鶴房は「男性初と聞いた時、一発目をいただいたわけですから、僕らが大きな花火を打ち上げるしかない」と意気込み、川尻は「僕たちの姿を見て、真似したいなとか、私も使ってみたいなと思ってもらえるように、まずは僕たちが楽しんだり、良さを実感することから始めていけたらいいなと思います。一生懸命頑張ります」と語った。

JO1のメンバーは、新作リップ「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」の色をイメージしたピンクでアンバサダーの抱負を書き初め。「広」と書いた大平は「JO1が男性初のアンバサダーということで、男性でもメイクができるように、もっと男性でも女性でもきれいになれることを僕たちが発信できたらいいなと思って広めていきたいです」と。

川尻は「ハイブリッド」と書き「イヴ・サンローランの魅力と、JO1の魅力をしっかりと発信できる人間になりたいなと思って」とその理由を明かした。

川西は「輝」と書き「3年目なので、常に輝いていたいですし、JAM(ファンの呼称)の皆さんにもイヴ・サンローランの商品を使って輝いていただきたいです。この漢字が好きすぎて、改名してもいいかな(笑)」と語ると、笑いが起こった。

木全は「手でいろんなことをしていくじゃないですか。今年はイヴ・サンローランと僕たちJO1がこうやってエンターテインメントでいろんな目標をつかんでいけたらいいなということで(笑)。僕、字が下手なので、手をバンっとさせていただきました」と手形を披露。これに、川西が「犬の足跡かと思った」とツッコんだ。

河野は「寅」と書き「今年年男なんですよ。そして、新年すぐにブランドアンバサダーにさせていただいて、すごく1年の始まりとして、すごく光栄なことをいただいたので、寅年男として、カッコよくクールな純喜を見せていきたいと思います、ガオー」と寅の真似をするひと幕も。

佐藤は「♥」と書いて「愛です。ブランドアンバサダーに選んでいただいて、僕たちもより美容を愛するというか、より愛そうという気持ち。いろんな愛を届けたいです」と説明。

白岩は「魅」と書き「人の心を引きつけたり、魅了していきたいなという気持ちと、これからは男性でもメイクしたり、人を魅了する時代が来るということを僕たちが代表させてもらえているのがうれしくて。こうなれるように頑張りたいと思います」と。

豆原は「踊」と書き「JO1として3年目ですし、僕は踊ることが大好きなので、初心の心を忘れずにという意味で、踊るということにもっともっと熱意を持って頑張っていきたい」と語った。

鶴房は「イケメンになる」と書き「僕たちは夢をかなえたということで、今度は僕たちが夢の上に立つ存在になりたい」と。

與那城は「感謝」と書き「こうやってアンバサダーとしてお仕事させていただくことに、日々感謝というか。感謝の気持ちを忘れずに、今年も頑張っていきたいと思います」と達筆な字を披露した。

最後に、與那城が「僕たちJO1も3年目ということで、初心の心を忘れずに、これからイヴ・サンローラン・ビューティーさんといろいろなお仕事をしていきたいと思っています。僕たち世界に向けて発信していきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします」と語り、イベントを締めくくった。

この記事の写真