村上虹郎×芋生悠W主演!和歌山を舞台に切ない逃避行を描く映画「ソワレ」公開決定 | TV LIFE web

村上虹郎×芋生悠W主演!和歌山を舞台に切ない逃避行を描く映画「ソワレ」公開決定

映画
2020年05月29日

 豊原功補、小泉今日子、外山文治監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の初プロデュース作品「ソワレ」が、2020年晩夏に公開決定。特報映像とティザービジュアルが解禁となった。

 外山文治監督が、和歌山を舞台に描いたオリジナル作品となる本作。実力派俳優・村上虹郎が主人公・翔太を演じ、100人以上のオーディションから抜擢され、インディーズ映画で注目を浴びる新星・芋生悠がタカラ役を演じている。そんな2人のW主演で映し出される、若い男女の切ない逃避行を描いた作品だ。

 解禁された特報映像では、翔太とタカラの2人が街を駆け抜け必死に何かから逃げ続ける焦燥感あふれる様子や、身を潜めた民家で電気もつけずにひっそりとラジオを聞き、虚ろな表情を見せる2人の姿などが切り取られている。背後に映し出される影の世界では、現実の暗い表情とは裏腹に2人が手を取り合い、流れる曲に合わせて体を揺らしているのも印象的だ。

 ラジオから流れるこの曲は「How many times did I kiss you ?」というタイトルで、本作の音楽監督であり作曲家/歌手の亀井登志夫と、その妻で詩人/アーティストの故・亀井知永子の共作によるもの。闘病の折に病室のベッドで歌詞を書き上げ、枕元でメロディを作ったとのことで、2人が歩んできた道のりを振り返るかのようなラブソングとなっている。

 亀井知永子の最後の作品でもあるこの曲を、外山監督が初めて聞いたとき「もし永遠というものがあるならこういうことをいうのだろうと心が震えました」というほどの感激を語っている。

 “ソワレsoiree”とはフランス語で「陽が暮れた後の時間」、「夜会」、または劇場用語で「夜公演」を意味している。豊原プロデューサーは、本作に対し「誰もが心の奥底に秘める癒えることのない傷や大切な想いを “一夜かぎりのソワレ(夜会)に閉じ込め、次のまた新しい朝を迎え歩き出す」というメッセージを込めたという。

 今回合わせて解禁されたティザービジュアルには、辛い現実から目を逸らすかのように俯いたままの2人が自転車に乗り、まさに“逃避行”へと突き進む一瞬が描かれている。翔太とタカラ、2人の逃避行の先に待ち受けるものは絶望か、それとも希望か…。その結末に思いを馳せさせるティザービジュアルと特報映像だ。

<動画>
映画『ソワレ』特報

<作品情報>
「ソワレ」
2020年晩夏 公開

キャスト:村上虹郎、芋生悠
岡部たかし、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美
江口のりこ、石橋けい、山本浩司

監督・脚本:外山文治
プロデューサー:豊原功補
共同プロデューサー:前田和紀
アソシエイトプロデューサー:小泉今日子
制作プロダクション:新世界合同会社
制作協力:キリシマ1945
製作:新世界、ベンチャーバンク、東京テアトル、ハピネット、TBSラジオ、ステラワークス、カラーバード
配給・宣伝:東京テアトル

<あらすじ>
役者を目指し上京した若者、岩松翔太(村上虹郎)が、生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えることになり、そこで働く山下タカラ(芋生悠)と、ある事件をきっかけに先の見えない逃避行を始める─。

<WEB>
公式サイト:https://soiree-movie.jp/

©2020ソワレフィルムパートナーズ