渡辺いっけい初主演映画「いつくしみふかき」コメント動画付きで本編の冒頭10分を公開 | TV LIFE web

渡辺いっけい初主演映画「いつくしみふかき」コメント動画付きで本編の冒頭10分を公開

映画
2020年07月16日

渡辺いっけい初主演映画「いつくしみふかき」より、本編冒頭10分の映像が渡辺のコメント動画付きで解禁された。

本作は、2019年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で観客賞である「ゆうばりファンタランド大賞」の作品賞を受賞し、カナダのファンタジア国際映画祭の長編初監督コンペティション部門に正式出品され、現在までに11の賞を受賞している。テアトル新宿での上映を7月12日(日)に終えたばかりだが、口コミが広がり、Filmarksのレビューでも4.2の高評価を獲得し、テアトル新宿での上映最終回は満席で有終の美を飾った。

psychocinematography.comで2019年の日本映画トップ10の1位に選ばれた本作は、劇団チキンハート主宰の遠山雄の親しい知人とその父親についての実話で、ひきこもりの知人が葬儀で父親をかばいながらも謝罪をした姿が衝撃的だったことが映画化のきっかけだという。実際に知人が住んでいた長野県飯田市に劇団員が代わる代わる住み込んで、今回の映画化に漕ぎ着けた。

父親・広志役を、意外にも本作が映画初主演となる渡辺いっけいが、遠山の知人が基になったその息子・進一役を遠山自身が演じ、W主演を飾る。2人を取り持つキーとなる牧師・源一郎役にベテランの金田明夫、広志の舎弟・浩二を劇団チキンハートの榎本桜が演じるほか、三浦浩一、眞島秀和、塚本高史ら、本作の監督を務めた劇団チキンハート演出の大山晃一郎と親交のある豪華な俳優陣が脇を固める。

現在MOVIE ON やまがた、成田HUMAXシネマズ、長野・トキワ劇場で公開中の本作だが、今後も全国で順次公開する予定とのことだ。ただし、舞台挨拶が可能な映画館が限られていることから、舞台挨拶の代わりに映画本編の冒頭10分を解禁することになった。

本作で長編映画監督デビューを果たした大山監督が「最初の10分で、助監督の下積みの集大成というか、知っている魔法を全部使いました。世界中にいる同い年位のフィルムメーカーに、“この10分撮ってみろよ”という喧嘩のふっかけみたいなところもあります」と話す、迫力の10分となっている。渡辺いっけいのコメントは、以下を参照。

<渡辺いっけい コメント>
3年前に撮影しました映画「いつくしみふかき」、2020年6月に東京は、テアトル新宿さんで無事に上映されまして、お陰様でご好評頂きまして、なんと全国数十カ所の映画館での上映が決定致しました。本当にありがたいことです。
これから徐々に、それぞれの映画館で上映されていくわけですが、全国の映画館を監督・キャストで舞台挨拶に回ろうと楽しみにしていたんですけれども、ご承知の通り、コロナの関係で舞台挨拶というものができない状況になってしまいました。本当に残念です。
でもです、舞台挨拶に代わる何かを提供できないかと考えまして、この度、映画「いつくしみふかき」の本編の一部をYouTubeで公開することに致しました。それを見ていただいて、「続きはどうしても映画館で見なきゃ」って皆さんが思ってくれたらいいなと思って公開を致します。

<動画>
渡辺いっけいコメント+冒頭10分動画

<作品情報>
「いつくしみふかき」
全国順次公開中

出演:渡辺いっけい 遠山雄
平栗あつみ 榎本桜 小林英樹 こいけけいこ のーでぃ 黒田勇樹
三浦浩一 眞島秀和 塚本高史
金田明夫

監督:大山晃一郎
企画:遠山雄
プロデューサー:清弘樹/榎本桜
脚本:安本史哉/大山晃一郎

後援:長野県飯田市
特別協力:映画「いつくしみふかき」を応援する会 遠山郷 天龍村
配給・宣伝:渋谷プロダクション

<WEB>
公式サイト:www.itukusimifukaki.com
公式Twitter:@itukusimifukaki
公式facebook:https://www.facebook.com/itukusimifukaki/