吉沢亮主演で12月公開決定!映画「AWAKE」若葉竜也・落合モトキらキャスト情報解禁 | TV LIFE web

吉沢亮主演で12月公開決定!映画「AWAKE」若葉竜也・落合モトキらキャスト情報解禁

映画
2020年08月12日

河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞でグランプリに選ばれた作品「AWAKE」が、吉沢亮を主演に迎え12月に全国公開することがわかった。そのほか若葉竜也、落合モトキ、寛 一 郎らキャスト情報も解禁。キャスト6名と山田篤宏監督よりコメントも到着した。

本作は、2015年に実際に行われ、当時、ネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、書き下ろされた完全オリジナルストーリー。天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公・英一が冴えない大学生活を送っていたある日、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語だ。

主演には、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主演が決定し、飛ぶ鳥を落とす勢いの吉沢。共演には、31歳にして芸歴30年を誇る若手実力派の若葉、映画・ドラマ・舞台と幅広いジャンルで活躍する落合、昨年第92回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞し注目が集まる寛 一 郎の出演が発表された。

さらに馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことら確かな実力を持つ面々が顔を揃える。脚本・監督は、山田篤宏。ニューヨーク大学で映画を学び、これまで乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた40歳の俊英が商業映画デビューを果たす。

今回の発表にあたり、吉沢は「とにかく脚本の面白さにやられました。素晴らしいスタッフ、キャストの皆さんと少しずつ形にして行く時間はとても幸せで、個人的に今まで出演した作品の中で一番好きです」と本作を絶賛。

若葉も「棋⼠から滲み出る勝負師の緊張感や、独特な異物感、将棋盤の前での振舞い、そして、駒を操る美しい⼿。将棋の駒も触った事がない⼀介の俳優が体現するのは、並⼤抵の事ではない、と強く感じました」と、初の棋士役を演じての手ごたえを語った。

山田監督は「将棋の対局を元にした話ではありますが、『将棋が一切わからなくても楽しめる』よう、すごく工夫しました。将棋ファンもそうでない人も楽しんで頂ければありがたいです」とメッセージを寄せている。吉沢、若葉をはじめとする6名のキャスト、山田監督のコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2