アメリカ・日本双方の視点で原爆投下の真実を描く「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」Huluで日米同時配信 | TV LIFE web

アメリカ・日本双方の視点で原爆投下の真実を描く「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」Huluで日米同時配信

映画
2020年08月02日

「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」

オンライン動画配信サービスHuluで、「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」が日米同日公開。

本作は、ドキュメンタリー分野においてエミー賞をはじめとする多数の受賞実績があるイギリスの有力製作会社October Filmsが制作したドキュメンタリー。監督はドキュメンタリー作家のジェイムス・エルスキンが担当した。

「原爆を産み出したマンハッタン計画を遂行する研究者たちの焦燥や葛藤」が当事者たちの肉声と実録映像のみを通じて語られるアメリカ側の視点と、「原爆投下前の日本の日常風景、そして被爆直後の広島と長崎の記録映像と被爆者たちの声」で語られる日本側の視点という、日米双方の視点で構成。当事国ではないイギリスのOctober Filmsが製作することで、原爆がもたらした日米の姿を客観的に捉え、真実を時系列に描いていく。

また、本作には原爆投下後の日本を撮影したモノクロ映像(アメリカ軍が日本から強制徴収した映像)や、戦後75年の時を経て初公開となる、アメリカのクルーが撮影した被爆地の映像や原爆の開発を推進した研究者たちの肉声なども含まれている。

国内では字幕版・吹替版、英語字幕版を独占配信。そして、日本とアメリカを含む世界26以上の国と地域で配信される予定。

配信情報

Hulu × ヒストリーチャンネル共同製作ドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」
Huluで独占配信
字幕版、吹替版、英語字幕版