池田エライザ初監督作「夏、至るころ」12・4公開決定!ポスタービジュアルも解禁 | TV LIFE web

池田エライザ初監督作「夏、至るころ」12・4公開決定!ポスタービジュアルも解禁

映画
2020年09月17日

池田エライザ原案・初監督作「夏、至るころ」の公開日が、12月4日(金)に決定。倉悠貴演じる翔の表情が印象的なポスタービジュアルも解禁された。併せて、池田監督よりコメントも到着。

本作の舞台は、福岡県田川市。緑あふれる故郷の山々に抱かれながら、友情を育んできた男子高校生の翔と泰我が、夏祭りを前に初めて自分の人生と向き合い、それぞれの一歩を選びとる物語だ。

2人が打ち鳴らす和太鼓の力強いリズムや、不思議な少女・都(みやこ)が奏でるギターの旋律、3人が飛び込むプールの水泡、青空を突き抜ける蝉の声、町を駆け抜ける風に、音楽と映像…その編集に秀でたクリエイターとしての池田の魅力が、あますところなく発揮された作品といえるだろう。

主人公の翔役には本作で映画初主演を果たす倉悠貴、泰我役は本作がデビュー作となる新人・石内呂依。謎の少女・都には数々のCMで人気沸騰中のさいとうなりと、フレッシュさ溢れる面々が個性豊かに熱演。そのほか、安部賢一、杉野希妃、リリー・フランキー、原日出子、高良健吾、大塚まさじなどの豪華俳優陣が脇を固めた。

そしてこの度、本作の公開日が12月4日(金)に決定し、ポスタービジュアルも解禁。赤色の背景に「お前と、ずっと一緒やと思っちょった」という切ない思いを表したコピー、大きく映し出された翔の表情が印象的な仕上がりとなっている。

今回の発表にあたり、池田監督は「無邪気に夢を抱くことが、難しくなってきている昨今。時間が過ぎるたびに正体不明の焦りを感じる、このご時世を生きる若者に深く共感しながらも、何かささやかな手助けは出来ないだろうかと考え、この作品をつくりました」と本作を製作したきっかけを明かす。

さらに「私は諦めてしまっていた青春を、素敵な役者陣が見せてくれました。生まれてはじめての感情に触れた瞬間に立ち会わせてもらえたことがなによりも幸せでした。この機会に感謝しています」とこみ上げる思いを語るとともに、穏やかで希望が湧いてくる映画ができたと自信をのぞかせた。

<作品情報>

「夏、至るころ」
2020年12月4日(金)全国順次ロードショー

出演:倉悠貴 石内呂依 さいとうなり 安部賢一 杉野希妃 大塚まさじ 高良健吾 リリー・フランキー 原日出子
原案・監督:池田エライザ

配給・宣伝:キネマ旬報DD 映画24区

<ストーリー>

翔と泰我は福岡県田川市の高校3年生。子どもの頃からの親友で、ずっと一緒に和太鼓の訓練をしてきた。だが夏祭りを前にしたある日、泰我が受験勉強に専念するから太鼓を辞めると言い出す。それを聞いた翔は愕然としてしまう。自分は何がしたいんだろう、どうしたらいいのかわからない。そんな翔の前にギターを背負った少女、都が現れる……。

<WEB>
公式サイト:http://natsu-itarukoro.jp/

©2020「夏、至るころ」製作委員会