清水尋也の魅力に迫るインタビュー公開!松雪泰子 主演「甘いお酒でうがい」 | TV LIFE web

清水尋也の魅力に迫るインタビュー公開!松雪泰子 主演「甘いお酒でうがい」

映画
2020年09月18日

9月25日(金)に全国公開となる映画「甘いお酒でうがい」。主人公・佳子(松雪泰子)の生活に大きな影響をもたらす岡本くん役を演じる、清水尋也のメイキング画像とインタビューが公開された。

原作は、お笑い芸人のシソンヌ・じろうが、ネタの中で長年演じてきた代表的キャラクターの「川嶋佳子」がもし日記を書いたら…というテーマで執筆した同名小説。2015年に出版されると、佳子が日記に綴る詩的な言葉の感性や、日記が持つ世界観、佳子と同僚・若林ちゃんの世代を超えた仲睦まじい関係に共感する感想でネット上がざわついた。

じろう本人も「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかり。まさに佳子はじろうであり、じろうは佳子なのだろう。

そんな一心同体となって書き綴られた、日記という形式の数々のエピソードから選りすぐったものをじろうが脚本化。「勝手にふるえてろ」「美人が婚活してみたら」の大九明子監督が映像化した。

主演の松雪泰子は、平凡だけれど、切ないことも、そして嬉しいことも起きる日常の中に散りばめられている喜びに、そっと寄り添って生きる川嶋佳子役を丁寧に演じている。

そんな彼女が一番幸せな時間を一緒に過ごせる後輩の同僚・若林ちゃん役は、黒木華。そして佳子の生活に大きな変化をもたらす、ふた回り年下の岡本くん役を清水尋也がフレッシュかつ愛らしく演じた。

加えて「勝手にふるえてろ」で“釣りおじさん”として大きなインパクトを与えた古舘寛治や、前野朋哉、渡辺大知らがそれぞれのシーンで松雪とインパクトに満ちた共演を果たす。さらに、レイザーラモン・RGや空気階段・鈴木もぐらも、本作では芸人としてではなく、役者として見事に存在感を発揮している。

「お母さんでも、奥さんでもない、大人の女性を主人公にした映画を撮りたいと思っていた」という、大九監督の穏やかで優しい映像美と演出。そして、佳子+若林ちゃん+岡本くんという3人の行く末が気になる展開と結末は、多くの人の心に温かな幸せの時間をもたらすだろう。

この度、岡本くんを演じる清水のメイキング画像が新たに解禁。撮影に挑む彼のナチュラルな表情が映し出されている。併せて、インタビューも公開された。

本作での役柄にちなんだ、年が離れた女性との恋愛についての質問には「好きになってから年齢を聞いて、それがふた回り上だったとしても『そうなんですね』くらいの感じです」と全く気にしないと回答。

続けて「恋愛に限らず、友人でも自分より長く生きている人の方が多くの物事を自分の目で見ているので、自分の持っていない知識を持った年上の人には魅力を感じます」と思いを語った。

最後は「それぞれが持てる力を最大限発揮し、良い作品を作りたいという想いの元に完成した映画です。どこか常に緊張しているような、ふと気疲れしそうになってしまう毎日ではありますが、この映画を通して少しでも安らぎをお届け出来れば嬉しいです」とメッセージを寄せている。清水へのインタビュー全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2