鈴木保奈美・長谷川京子・齊藤工・土屋太鳳ら絶賛!「朝が来る」著名人コメント到着 | TV LIFE web

鈴木保奈美・長谷川京子・齊藤工・土屋太鳳ら絶賛!「朝が来る」著名人コメント到着

映画
2020年09月26日

10月23日(金)に全国公開の映画「朝が来る」より、心揺さぶられる物語を予感させる場面写真が解禁。さらに、鈴木保奈美、長谷川京子、齊藤工、土屋太鳳ら各界著名人11名から本作へ寄せられたコメントも公開された。

本作は、直木賞・本屋大賞受賞作家の辻村深月によるヒューマンミステリーを、「あん」「光」の河瀨直美監督が実力派キャストを揃えて映画化し、カンヌ国際映画祭公式作品「CANNES 2020」に正式に選出された作品。

実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描く。

出演は、実の子を持つことが叶わなかった夫婦、栗原佐都子役に永作博美、栗原清和役に井浦新。望まぬ妊娠をし、実の子を育てることができなかった少女・片倉ひかり役に蒔田彩珠。栗原夫婦とひかりを引き合わせる人物・浅見静恵役を浅田美代子が演じるなど、実力派俳優が人間の真実に踏み込む演技で圧倒する。

血のつながりか、魂のつながりか…。現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ、家族とは何かに迫り、それでも最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマだ。

この度、河瀨組常連の永瀬正敏や、鈴木保奈美、長谷川京子、土屋太鳳など、各界の著名人からコメントが到着。自身も15年間、不妊治療を続けていたというハイヒール・リンゴは「自分の子供を持つ、と言うたって『普通』の事が出来ないと言うのは辛い事です。親とは何なのか?子供とは?養子が世間から特別視される日本の『家族』をもう一度考える、そんな映画です」と自身の経験も重ねながら、思いを語る。

芸能界きってのシネフィルとして知られるFilmmaker・俳優の齊藤工も、「この作品を思い返すだけで、心が疼いてしまう。この作品の余韻で、感情が溢れてしまう。映画が始まってすぐにわかった、そこに“本当”が描かれていると」と、本作を絶賛した。全11名のコメント全文は、次ページを参照。

併せて解禁された場面写真は、特別養子縁組によって息子・朝斗を家族に迎え入れた、幸せそうな栗原家の日常を切り取ったもの。しかし、そんな家族のもとに、「子供を返してほしい」と謎の女が訪ねて来る不穏な場面も。すさんだ謎の女の目的は一体なんなのか…?そんな相反するシーンが、心揺さぶられる物語を予感させる場面写真だ。

  1. 1
  2. 2