のん&大九監督からのコメント到着!「私をくいとめて」東京国際映画祭に出品決定 | TV LIFE web

のん&大九監督からのコメント到着!「私をくいとめて」東京国際映画祭に出品決定

映画
2020年09月29日

12月18日(金)に全国公開の映画「私をくいとめて」が、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」に出品決定。主演を務めるのんと大九監督よりコメントが到着した。さらに、そんな2人の撮影中の姿を捉えたメイキング写真も解禁。

本作の監督を務めるのは、「勝手にふるえてろ」「美人が婚活してみたら」などで、女性の生き方や恋愛にスポットを当てつづけてきた大九明子。脳内に相談役「A」をもつ、31歳のおひとりさま・みつ子に、女優/創作あーちすと・のんが扮する。

みつ子が恋する年下男子・多田くん役は、林遣都。さらに臼田あさ美、若林拓也、片桐はいりといった大九監督ワールド全開の個性的な役者陣も集結した。令和を生き抜く女性たちに容赦なく突き刺さる、わかりみが深すぎる崖っぷちのロマンスを彩っていく。

そんな本作が、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」に招待されることが決定。本映画祭のシニア・プログラマーを務める矢田部吉彦は、「実は彼女の悩みや逡巡は我々みんなのものだ。孤独からいかに抜け出すか。『私をくいとめて』が描く、一歩を踏み出す勇気こそ、今年の映画祭のテーマなのだと思わずにいられない」と評した。

今回招待された「TOKYOプレミア2020」は、従来の「日本映画スプラッシュ」「アジアの未来」「コンペティション部門」が統合された今年限定の部門。32作品(欧米10本・アジア12本・日本10本)の上映を予定しており、同部門の全作品を対象とした「観客賞」が設けられている。

大九監督は、「勝手にふるえてろ」で第30回東京国際映画祭「コンペティション部門」において「観客賞」を受賞しており、本作での2度目の受賞に期待がかかる。なお、結果は11月9日(月)に行われるクロージングセレモニーにて発表予定だ。

本映画祭への参加について、大九監督は「特別な1年の特別な映画祭に選んでいただき、大変光栄です。部屋から一歩踏み出して、東京国際映画祭に参加することが、心底楽しみです!」と喜びの気持ちを表明。

のんも「この作品でみつ子を演じたのは、私の中でとても大切なものとなりました。みつ子さんや多田君や『A』が、ちょっとでも観てくださる方の人生に関われたら嬉しいなと、今から楽しみにしています」と期待を寄せた。

さらに、併せて解禁されたメイキング写真では、撮影中にコミュニケーションを取る大九監督とのんの姿が収められている。撮影を振り返り、「のんさんはいっぱい質問してくれました。その対話の中で、この映画の核を再確認できたように思います」と明かした大九監督。のんと大九監督のコメント全文は、次ページを参照。

人気・実力ともに兼ね備えたのんが、初参加となる大九組で一体どんな化学反応を見せてくれるのか、ますます期待が高まる。

  1. 1
  2. 2