菅田将暉「謝ってもらいたい(笑)」 空気階段が映画「キネマの神様」とまさかのコラボ

映画
2021年08月13日
「キネマの神様」©2021「キネマの神様」製作委員会

公開中の映画「キネマの神様」より、お笑い芸人・空気階段の“主人公なりきりコラボ”ビジュアルが解禁された。

日本映画界を代表する山田洋次監督の下、沢田研二と菅田将暉がW主演を務める松竹映画100周年記念作品。1950年代頃の日本映画の黄金期と現代を舞台に、夢を追いかけ、夢に挫折しながらも“映画の神様”を信じ続けた主人公・ゴウ(沢田、菅田)が、時代を超えて織り成す“夢”と“愛”と“奇跡”に満ちた感動の物語。

約50年の時を越え、1950~60年代の日本映画黄金期に監督になる夢を追う“若かりしゴウ”(菅田)と、ギャンブル漬けのダメ親父だが今も映画だけは愛してやまない“現代のゴウ”(沢田)が登場する本作。解禁されたコラボビジュアルでは、空気階段が二人の“ゴウ”に扮している。

本作のビジュアル制作を手掛けるデザイン会社goen°が、スペシャルな2種のビジュアルを制作。淡いフィルムの感光が二人の“ゴウ”を優しく包み込み、過去と現在がつながる幻想的なビジュアルだが、よく見てみるとなぜか空気階段が二人の“ゴウ”に成り切っている…という美しくもシュールなビジュアルに仕上がっている。

併せて、二人の“ゴウ”に成り切った空気階段が、本作を全力でPRするスペシャル動画も解禁。特に山田監督作品を観たことがない人たちへ向けて「ここを見逃すな! 山田洋次監督の作る世界のススメ」と題し、本作にふんだんに盛り込まれる山田監督ならではの喜劇演出やおちゃめな恋愛描写、感動の家族ストーリーを本編シーンを交えながら紹介する。

さらに、空気階段のビジュアルを見た“本物のゴウ”である菅田将暉もコメント。このおふざけ企画に対し「チームを代表して空気階段のお二人に謝りたいし、空気階段にも謝ってもらいたい(笑)」と二人の“ゴウ”に成り切った空気階段に終始困惑しながらも「でも似てますね(笑)」とお墨付きを与えた。

空気階段は、撮影終了後「相当難しかったです。KOUGU維新(日本テレビ系『有吉の壁』での人気キャラクター)の生配信を思い出しました(笑)」と感想を語っている。

作品情報

「キネマの神様」
公開中

出演:沢田研二、菅田将暉
永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子

監督:山田洋次
主題歌 :「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama
公式Twitter:https://twitter.com/kinema_kamisama
公式Instagram:https://www.instagram.com/kinema_kamisama

©2021「キネマの神様」製作委員会

この記事の写真