イ・ビョンホン×ハ・ジョンウ×マ・ドンソク「白頭山大噴火」キャラクターメイキング映像解禁

映画
2021年08月19日
©2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

8月27日(金)に公開される映画「白頭山大噴火」より、イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソクらがそれぞれの役柄を解説するキャラクターメイキング映像が解禁された。

本作は、韓国を代表する人気俳優が豪華共演を果たしたタイムリミット・ディザスターアクション。北朝鮮と中国の国境にそびえる白頭山で観測史上最大の噴火が発生。朝鮮半島の壊滅というとてつもない大惨事を阻止するため、わずか成功率3.48%という命懸けのミッションに挑む。韓国では公開後3週連続興行1位を達成、観客動員数820万人超えの大ヒットを記録した。

解禁されたメイキング映像では、まず極秘作戦の成否のカギを握る北の工作員リ・ジュンピョンを演じるイ・ビョンホンが「無邪気で人間味もあるように見えます。でも鋭くて誰よりも優れた直感を持つ人物です」と自らのキャラクターを分析。「心の底で何を考えているのか、常に気になるよう演じました」と語る。

これまで映画・ドラマでさまざまな役柄を演じてきたイ・ビョンホンだが、北朝鮮の工作員役は今回が初めて。北朝鮮の方言や中国語のせりふには苦労したというが、一癖も二癖もあるミステリアスな役どころをさすがの存在感で熱演。今回の映像では「エッジの効いたアクションを心がけました」というしびれるガンアクションシーンも見ることができる。

そして、期せずして半島の運命を託された韓国軍爆弾処理班のチームリーダー、チョ・インチャン大尉を演じたハ・ジョンウは「彼は除隊まで残り数日で、民間人としての人生を目の前に作戦に加わることになる」と説明。「戦闘兵ではないので、はじめはのんびりした人物。徐々に責任感が芽生え、任務を遂行しようとする人物に成長していきます」と明かす。

「白頭山の噴火を研究する専門家の役です」と自らの役どころを説明するマ・ドンソクが演じたのは、大噴火を予見し、さらなる大災害を防ぐため、前代未聞の作戦を提案するカン・ボンネ教授。「地質学教授であり、体より頭脳を使うキャラで、慣れない言葉を使うので難しかったです」と振り返りつつ「でも楽しかった」と撮影現場で監督と真剣に話し合ったり、モニターを見ながら満足げに笑う姿も。「自然なユーモアを見せたくて…テイクごとに違った演技をしていました」と語るマブリーこと俳優マ・ドンソクが見せる新たな一面から目が離せない。

カン・ボンネ教授にアドバイスを求める韓国大統領府の民政首席チョン・ユギョン役のチョン・ヘジンは「決断力が求められる人物で強引さと同時に常に冷静さが必要。独特の機転が利くキャラですね」と解説。「わずかな可能性でも全てのためだと前進する姿は、今までにない強さがあって感動的です」と語る。

さらに、ハ・ジョンウ演じるインチャンの妻チェ・ジヨンを演じたペ・スジは「自分自身や夫との約束を守るため、生き残ろうとする強い人物」とコメント。そして出産を控えて遭遇する大災害の混乱を「初めて経験することばかりで悩みましたが、リアルな現場を作ってくださって役に没頭できました」と振り返り、大切なものを守るため、希望を捨てずに行動するジヨンを力強く見事に演じ切っている。

「白頭山大噴火」
2021年8月27日(金)

公式サイト:paektusan-movie.com

©2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

この記事の写真